Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1球で仕留めた田添健汰のペットボトルチャレンジ 「筋トレの成果」と水谷隼も称賛

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

卓球日本代表の水谷隼(木下グループ)が3日、自身のTwitterにチームメート田添健汰のスーパープレー動画を掲載した。田添は、飲料が満タン入った500mlペットボトルを卓球台の端に置き、威力満点のドライブ1球で打ち落として見せたのだ。 【写真】強烈なスイングを見せた田添健汰

日本リーグペットボトルチャレンジに田添が挑戦

これは日本卓球リーグの松平賢二(協和キリン)が主導で行っていた「#日本リーグペットボトルチャレンジ」だ。台からはみ出ないギリギリに設置したペットボトルを対下回転ドライブで打ち落とせるかというこの企画、お手本を披露した松平は11球で撃ち落としていた。 田添は、木下マイスター東京からTリーグに参戦しているが、日鉄物流ブレイザーズのゴールド選手(他所属からレンタルすることができる日本リーグの制度)として日本リーグにも参戦しており、この企画に乗っかった形だ。 500mlのペットボトルを1球で打ち落とし、雄叫びを上げた田添は、続いて1リットルのペットボトルにも挑戦。12球中11球を命中させ、見事1リットルのペットボトルも打ち落とした。 これには水谷も「日々の筋トレの成果が発動されました」と称賛のコメント。パワーと精度を両立した田添の実力が垣間見えるワンシーンとなった。

ラリーズ編集部

【関連記事】

最終更新:
Rallys