Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「チーピン」はなぜ起こる? 原因から改善法までまとめて解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

初心者を脱した中・上級者のゴルファーよくみられるミスが、左に極端に大きく曲がる「チーピン」。なぜチーピンは起こるのか、その原因から改善法までまとめて解説。

チーピンってどんなミスのこと?

チーピンとは、打ち出したボールが極端に左方向へ曲がってしまうミスのこと。俗語なので定義はないが、基本的にはターゲットラインよりも左に打ち出し、さらに左に曲がる球のことを指す。引っかけ、ダグフック、などという言い方もある球筋だ。 チーピンは弾道が低い場合がほとんどで、スピンも少ないため、ランが出やすい。左に打ち出し左に曲がり、なおかつランが出ることで、とにかく左OBに行きやすいため、多くのゴルファーが忌み嫌うミスだ。 ちなみにチーピンという呼び名は、麻雀で用いられる麻雀牌のひとつである七筒(チーピン)の図柄の3つの黒点が、極端に左へ曲がるミス弾道に似ていることに由来する。 初心者のミスショットとして代表的なスライスが右方向へのミスであるのに対し、チーピンはボールをつかまえてドローボールを打とうとした場合などに起きやすいことから、初心者を脱した中・上級者にありがちなミスの一種と言えるが、スライサーがスライスをさせじと無理やりフェースを返した場合にも出る。

チーピンはなぜ起きる?

弾道が曲がる仕組みは、1999年に提唱された「新飛球法則(Dプレーン理論)」で詳しく説明されている。 これによれば、ボールの打ち出し方向の約80%(ドライバーの場合)はインパクト時のフェース向きに影響され、ボールの曲がり方を決めるボールの回転軸は、クラブの軌道とインパクト時のフェース向きのズレによって変わるとされ、この考え方は今日のスウィング理論の根幹となっている、 同理論に則って考えれば、チーピンが起こるのはインパクトでクラブ軌道に対してフェース向きが大きく閉じてしまっている(左を向いている)場合。これにより、打ったボールの回転軸が大きく左に傾き、結果打ち出されたボールは大きく左へと曲がってしまうわけだ。

【関連記事】