Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャバ嬢&ソープ嬢、コロナ禍でも「宅配」で稼いでます

配信

SmartFLASH

「お店の営業自粛で収入がゼロになって、宅配スタッフを始めました」  そう語るのは、歌舞伎町のキャバクラ店に勤めるA子さん(26・冒頭の写真)。彼女が始めたのは、歌舞伎町で働くキャバ嬢が多く在籍し、その歌舞伎町内でのデリバリーを請け負うサービス「かぶデリ」。 「宅配先には、キャバクラの馴染みのお客さんもいて、短時間でも『元気?』なんて会話もできるし、スタッフにキャバ嬢が多いので、連帯感が生まれています」(A子さん)  仕掛人で「ハラペコステーキ新宿本店」の廣川真一代表が、立ち上げの経緯を語る。 「歌舞伎町で働く人たちのために、何かしたいなと。採算は度外視で、社会貢献も兼ねて、宅配1回ごとに医療機関にマスク10枚を寄付しています」

 一方、吉原の高級ソープランドで働くB子さん(35)は、やはりお店の休業を機に「Uber Eats」で、4月から働いているという。 「専用のリュックを9500円で買い、バイクは知り合いが貸してくれました。スマホのナビを見ながらの配達は、戸惑いの連続ですが、初日から5時間で7軒に配達して、5000円ほど稼ぎましたよ」  コロナ禍でも、女性たちは、たくましく生きている――。 (週刊FLASH 2020年6月2日号)

【関連記事】