Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年収130万円シングルマザーが「養育費」より守りたかったヤバい生活

配信

現代ビジネス

---------- 前編はこちら⇒『コロナで養育費減…? 前妻がキレた「年収800万円男」のヤバい言い訳』 ---------- 【写真】不倫妻たちの淫らな告白「私、こうやって男性と出会います」…

「離婚後」のトラブルに直面する元夫婦たち

 私は行政書士をしながら男女問題研究家として活動しており、これまで何千件という離婚などの男女トラブルの相談を受けてきます。  年間の離婚数は婚姻数の3分の1に達する大離婚時代。とはいえ、いざ離婚できたとしてもその後にトラブルが起きることも少なくありません。実際に離婚後に夫婦間でさまざまな問題が生じて、その間にいざこざに発展することも少なくありません。  今回の相談者・住吉祐樹さん(仮名)もそんな妻との離婚後のトラブルに頭を抱えている一人。すでに妻とは離婚していたのですが、コロナ禍で養育費の支払いが難しくなってしまったのです。そんな養育費の減額を前妻に持ち掛けると、前妻がブチぎれて頭を抱える事態に直面してしまったのです。 ---------- <家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)> 前夫 住吉祐樹(42歳。横浜在住)→会社員(去年の年収800万円)☆今回の相談者 前妻 浅間桃子(41歳。川崎在住)→パートタイマー(離婚時の年収130万円) 前妻との子 浅間林檎(8歳。川崎在住のはず…!? )→祐樹と桃子の長女 ----------  そもそも、祐樹さんは前妻を説得するにあたり、少し楽観していたところがあったようですが、なぜでしょうか。  コロナで無傷だった人は稀有でしょう。大なり小なり誰しも苦しんでいます。だからコロナの三文字を出せば、「当然のように同情してくれるはず」と祐樹さんは思い込んでおり、「大変だったね。それなら(養育費の減額は)しょうがないね」と前妻は二つ返事で応じてくれると完全に侮っていたのですが…。

「前妻」の思わぬ行動

 「アンタが養育費をちゃんと払うって言うから離婚してあげたのよ! 途中で減らされるってわかっていたら、離婚してあげなかったんだからね!」  前妻はありったけの恨み節を並べたのですが、祐樹さんは痛いところを突かれた格好です。なぜなら、先に離婚したいと言い出したのは祐樹さんのほうだったからです。  もともとは「考えて直して欲しい」と懇願する前妻に対して、別居中に支払っていた月13万円の生活費を離婚後も変えない、つまりは養育費として月13万円を払い続けることを約束し、ようやく離婚に漕ぎ着けたようです。  しかし、お金の名目が養育費の場合、事情変更を理由に見直すことが法律で認められています(民法880条)。コロナによる収入減は上記の「事情変更」に該当するでしょうから、離婚の経緯はどうあれ、祐樹さんの言い分に法律的な根拠があるのは間違いありません。  確かに前妻は離婚の代償として養育費をもらえるですが、上記の条文があるため、残念ですが、最終回まで全額もらい続けることが保証されているわけではないということになります。  そんななか、祐樹さんは前妻の「思わぬ行動」を発見することになったのです。

【関連記事】