Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】1944年6・30 アメリカ・インディアナ州 テリー・ファンク生誕記念日

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 1944年6月30日 アメリカ・インディアナ州 テリー・ファンク生誕記念日! 「テキサス・ブロンコ」「テキサスの荒馬」、そして「ブッチャーにめった刺しにされる人」など数々の異名で知られるテリー・ファンク! 第二次世界大戦後のアメリカンプロレス界で暴れまわり、NWAの重鎮として知られるドリー・ファンク・シニアの次男として生まれ、兄のドリー・ファンク・ジュニアとの兄弟タッグ“ザ・ファンクス”として世界中で活躍しました! 小学生のころ、全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦の歴史を伝えるVTRで、アブドーラ・ザ・ブッチャーにやられて血だらけの左腕で叫ぶテリーさんを見て、『なんちゅう可哀想な人や!』と思ったのが一番最初の記憶です。 ガツンガツンガツンの右ジャブからバチコーン!と打ち込む左ストレートを見たときは、『おお!ほんまのテリーマンや!』と嬉しくなりました! ええ、我々世代はテリー・ファンクよりも『キン肉マン』に出てくるテリーマンを先に知った世代ですから(笑) 大仁田厚との電流爆破デスマッチや、ミスター・ポーゴとの血だらけ凶器デスマッチ! お兄ちゃんとの名タッグ、“ザ・ファンクス”も、あの初めて知ったタッグ戦から今なお組んで元気な姿を見せてくれることに感服です! 初めて見た時からずっと血だらけで泣いてるテリー! 実はテリーはシルベスター・スタローンと深い交流があり、スコット・ノートンも出演した『オーバー・ザ・トップ』に出演したり、『ロッキー5』ではラストの現役チャンプとロッキーのストリートファイトシーンの演出をやってたんですって! ちなみに今日6月30日はタカラトミー社が販売する誰もが愛したミニカーシリーズ『トミカ』も生誕記念日だそうな! 今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー Twitter:ajslendertokyo 『元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 』365日分書き溜めております! プロレストークライブ企画・制作・券売など行っております。 キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と新旧格闘王mixでお応えします! 【実績一例】 「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」 「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」 「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」 「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」 「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など

【関連記事】