Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目のおもてなしを“しない”グルメ 新型コロナ対策や人件費抑制で消費者と事業者の双方にメリット

配信

FNNプライムオンライン

“おもてなし”と思いきや…

毎年、さまざまな食のトレンドワードを耳にするが、今年のワードが今の時代に即していると再び注目を集めている。その名も、「おもてなしグルメ」。一体どのようなものなのか。 【画像】人件費の削減で黒毛和牛や新鮮な魚介類をお手頃価格で食べ放題に まず伺ったのは、宮城県仙台市にある「東北農場バル」。 東北の食材にこだわった洋風居酒屋。 梅島三環子アナウンサー: こちらには、どんな「おもてなしグルメ」があるんですか? スタッフ 松木和也さん: 当店では、税込2189円で、時間無制限で飲み放題をご提供させていただいています 店主がこだわって選んだ東北の地酒から、珍しい種類のワインまで、全部でなんと100種類以上のドリンクが時間を気にせず楽しめる。 まさに、おもてなし…と思いきや。 スタッフ 松木和也さん: 当店では、お客さま自身でグラスをお取りいただいて、好きなだけお酒を注いでいただいて、セルフスタイルでやらせていただいています “おもてなしグルメ”なのに、セルフスタイル? 実はこれが、今注目されている新しいサービス。 その名も“おもて無グルメ”。 つまり、おもてなしを“しない”グルメのこと。

安く品質の良いものを提供、消費者の安心感にも

実はこのサービス、リクルートが2020年のトレンド予測として発表したもの。 「おもて無グルメ」を発表したホットペッパーグルメ 外食総研上席研究員・稲垣昌宏さん: 近年、消費者は増税以降、外食にかけるコストにより厳しくなったという方がたくさんいらっしゃいまして、一方、料理のクオリティーには妥協したくないという傾向があります。安く品質の良いものを提供するようなグルメ、これを“おもて無グルメ”というふうに名付けました。 「おもて無グルメ」を発表したホットペッパーグルメ 外食総研上席研究員・稲垣昌宏さん: 「おもて無グルメ」の利用意向っていうのは、約75%の方がいらっしゃるが、特に高いのが20代男性で87%、20代女性で78%、30代の女性が76%というふうに、若い世代や女性を中心に今後広がっていくんじゃないかなと予測しています。このコロナウイルスの感染拡大で、サービスの簡略化やIT活用など、「おもて無グルメ」に向かう取り組みが、結果的にソーシャルディスタンスなどと呼ばれる消費者の安心感につながるものだというふうに考えています

【関連記事】