Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海外の旅の思い出を茶箱に。ふくいひろこ「京都発 茶箱あそび、つれづれ」6月

配信

家庭画報.com

〔連載〕京都発 茶箱あそび、つれづれ

京都在住のふくいひろこさんが、ひと組の茶箱を通して、ときには京都の歳時や工芸を味わい、ときには茶を点てる場所を変えて、日常に抹茶を楽しむ具体例をお伝えします。

6月 コーヒーにする? 抹茶にする?

抹茶を飲む時、どんなお菓子を食べてますか。 茶席では和の生菓子や干菓子が出てくることが多いのですが、わたしのふだんの生活では和洋かかわらずいろいろな菓子を抹茶と一緒にいただいています。 抹茶に関わらず、コーヒーと和三盆、日本酒とあんこのマッチングもいける、というのはコーヒー好きやお酒好きなら、実践済みという方も多いかもしれません。 固定観念にとらわれなければ、意外にも相性がいいものを見つかるのは人生のささやかな幸せごと。抹茶にも、和菓子はもちろん、洋菓子に、果物、それからナッツ類や大徳寺納豆のような塩味のものまで、その時々に合わせます。

菓子だけではありません。茶箱に使える道具もまたさまざまなところで見つかります。今回は「旅の思い出シリーズ」(と、わたしが勝手に名づけている道具類)のひと組を。 旅先で出会う工芸品や骨董などを買い求める習慣は、すでに中学生の頃からで、連れて帰るのは学生時代は手塩皿や箸置きなどの可愛いものでした。成人し茶箱を組むようになってからは少々エスカレートしています。 ここでは3年前に10日ほど滞在していたドイツのケルンで見つけたものを中心に、見立てで組んだものを紹介します。

ケルンには縁があって開催することになった自身の茶箱展のために滞在していたのですが、時間を見つけては街を歩いていました。地元の方に教わったアンティークショップや、街角で見つけた現代工芸のギャラリー、お茶の専門店など、どこへ行っても考えているのは茶箱に使う道具のこと。 たとえば写真の3点。左からアンティークで銀の縁がついたグラス、中央は現代ものの小壺、右はやはりアンティークショップにあったヘレンド製の小さな花瓶です。

グラスの用途は不明ですが、目にした途端、箱の中でどんなふうに使うかを想像していました。「菓子器にも茶器にも茶巾筒にもなるな」。今回は茶器として使用していますが、小壺は菓子入れに、花瓶は茶巾筒に変身しました。 紅茶やハーブティーの専門店で、ブルーの更紗模様の入ったカフェオレボウルを見つけ、茶碗用に2つ購入。銀製の小皿もアンティークショップで見つけた掘り出し物。菓子皿や茶巾置きに使います。

【関連記事】