Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ミシュランシェフが指南するのは、ヴェジタリアンも楽しめるバーベキューレシピ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GQ JAPAN

英国人シェフのジェイソン・アサートンが、肉なしでも楽しめるヴェジタリアンのための簡単レシピを、3つご紹介。 【写真を見る】レシピをチェックする バーベキューにおけるヴェジタリアンの皆さんの苦悩は、痛いほどよくわかる。例えば……夏に友人のバーベキューパーティーに招かれたのに、ほとんどの人が肉を食べている。しかも彼らはバーベキューを神聖な肉料理と考えている。しかし、料理人であるわたしとしては、ヴィーガン、ヴェジタリアン、ペスカタリアンの皆さんに、楽しいバーベキューの招待を断わるようなことをしてほしくない。さらに思い出してほしいのは、バーベキューの季節はたいてい、野菜が一番おいしい季節でもあるということだ。 それでは、バーベキューで活用できるオリジナルのヴェジタリアン料理を紹介しよう。きっと、楽しんでもらえるはずだ。

グリルした夏のサラダ、ケールのペストゥ(Pesto)とペコリーノチーズ添え

【材料】 ラディッキオレタス 1個 ベビージェムレタス(小さいロメインレタス) 2個 ロメインレタス 1個 イタリアンパセリ 半束 レモン汁 1個分 ペコリーノチーズ 適量 オリーヴオイル 適量 シーソルト ドレッシング: ケール 1束 松の実 100g パルメザンチーズ 100g 白ワインヴィネガー 50ml レモン汁 1個分 【作り方】 1. サラダの野菜をすべて半分に切って洗い、レモン汁1個分と少量のオリーヴオイルで30分マリネする。 2. ドレッシングをつくる。ケールひとつかみを熱湯にくぐらせ、氷水で冷やした後で、茎を取り除く。葉の水を切り、松の実、パルメザンチーズ、白ワインヴィネガー、レモン汁とともにブレンダーにかける。海塩で味を調えれば、ケールのペストゥ(Pesto)の完成だ。 3. 最後に、マリネした野菜をバーベキューコンロの上で少しだけグリルし、おいしそうな焼き色を付ける。たっぷりのケール・ペストゥをかけて大皿に盛り付け、仕上げにペコリーノチーズをすりおろす。

味噌とロメスコ・ソースを添えた玉ねぎのグリル

【材料】 白玉ねぎ 中玉4個 白味噌 お好みで ライムジュース 油 ロメスコソース: トーストしたヘーゼルナッツ(またはアーモンド )100g にんにく 一片 トウガラシ 1本 赤ピーマン 150g トマトの缶詰 150g エキストラヴァージンオリーヴオイル 100ml チリパウダー 大さじ1 【作り方】 1. フライパンに少量の油を敷き、ニンニクをローストする。刻んだトウガラシとチリパウダーを加え、2~3分加熱する。 2. 赤ピーマンとトマトを加え、海塩で味付けして10分ほど加熱。 3. 最後に、ローストしたナッツとともにフードプロセッサーに入れ、残りのオリーヴオイルを少しずつ加えながらブレンドする。これで、ロメスコ・ソース(スペイン料理のトマトとナッツのソース)のできあがり。 4. 玉ねぎの皮をむき、(根本からではなく)上から4等分に切り込みを入れ、下でつながっている状態にする。 5. 玉ねぎの内部に味噌を塗り、全体に油を振りかける。 6. バーベキューコンロの上に置き、完全に火が通るまで焼く。柔らかく、少し焦げているくらいがいい。 7. 玉ねぎを火から下ろし、ライムジュースをふりかける。仕上げに、先ほどのロメスコ・ソースをかけて召し上がれ。

【関連記事】