Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

関西ジャニーズ73人集結 “なにわの日”に太陽の塔で728祭 村上信五「誇らしい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 関ジャニ∞、ジャニーズWEST、関西ジャニーズJr.の総勢73人が結集した無観客配信ライブ『Johnny’s DREAM IsLAND 2020→2025 ~大好きなこの街から~』が“なにわの日)の7月28日、大阪・日本万国博覧会記念公園 太陽の広場で行われた。 関西ジャニーズ無観客配信ライブ『Johnny’s DREAM IsLAND』ロゴ  1970年の大阪万博から50周年という節目の年にシンボル「太陽の塔」の下、関ジャニ∞、ジャニーズWESTのデビュー組をはじめ、なにわ男子、Lil かんさい、Aぇ! groupを含む関西ジャニーズJr.が集結。関ジャニ∞の村上信五は「ジャニーさんに“関西チームで、こんなことができるようになったよ”と報告できるのが誇らしい。関西ジャニーズ勢の先頭に立って、走っていきたいと思います」と胸を張った。  降り続いていた雨が止み、雲の隙間から夕日が差し、心地よい風が吹くなか、『関西ジャニーズ大集結!728祭(なにわさい)』が幕を開けた。オープニングは後輩から順にそれぞれのオリジナル曲を歌いつないでいき、最後のバトンを受け取った関ジャニ∞は出演者全員を引き連れ、疾走感あふれるサマーチューン「罪と夏」で勢いづけた。  メンバーカラーメドレーや、関ジャニ∞「ブリュレ」、ジャニーズWEST「YSSB」などのダンスナンバー、さらにはグループの垣根を超えた『関西エモエモコラボメドレー』も。関ジャニ∞とAぇ! groupの2バンドスタイルで魅せた「勝手に仕上がれ」、ジャニーズWESTとなにわ男子による「ダイヤモンドスマイル」、小中学生を中心としたフレッシュ関西ジャニーズJr.が先輩たちと元気いっぱいに歌い踊る「ええじゃないか」など、ここでしか見られない貴重なコラボレーションを次々と披露していった。  今回のライブのテーマの1つが、現実世界でのソーシャルディスタンスを打ち破る「ゼロディスタンス」。本公演の全観客の視聴チケットには「アリーナAブロック1列1番」と記されており、文字どおり“全員が最前列”を体感できる映像や演出にこだわった。  「ゼロディスタンス」を体感できるゲーム企画「ゼロディスタンス絵描き歌」も実施され、メンバーがカメラ越しのアクリルパネルに絵を描くと、視聴者との距離が急接近。真剣になりすぎて思わず素になったメンバーの顔が、すぐそこに感じられるゲームなどで盛り上がった。  クライマックスは、関西ジャニーズJr.を象徴する楽曲「関西アイランド」。フレッシュなJr.に先輩たちも混ざって広場いっぱいを使ったパフォーマンスを繰り広げた。一度はステージを後にしたが、「画面越しのアンコールが聞こえた!」と言って再登場すると、太陽の塔の前で「バンバンッ!!」を披露。最後は全員が手をつなぎ、関ジャニ∞のお決まりとなっている横山裕の「俺たちが、最高で最強の~」に続き、全員が声を合わせて「関西ジャニーズ!」と叫び、関西愛をたっぷり込めた1時間52分、全27曲の熱いライブを締めくくった。  関西ジャニーズはこれまで、先輩から後輩へと“手渡し”で伝統を受け継いできた。先輩が後輩Jr.グループに数多くの楽曲を提供しているのも関西ならでは。本公演でも関ジャニ∞の大倉忠義と安田章大が楽曲制作した「Can’t stop」、ジャニーズWESTの神山智洋が作詞、作曲、振付を手がけた「Game of Love」などが披露された。  8月1日からは大阪松竹座に会場を移し、関ジャニ∞、ジャニーズWEST、関西ジャニーズJr.の各グループがJohnny’s netオンラインを通じて配信ライブを行う。

【関連記事】