Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BALLISTIK BOYZ、初の配信ワンマンでリスペクト込めEXILEとD.Iカバー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
音楽ナタリー

9月19日から26日まで8日連続で行われるLDHのオンラインライブシリーズ「LIVE×ONLINE IMAGINATION」。本日9月20日に行われた2日目にBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEが出演した。 【写真】「SUMMER HYPE」をパフォーマンスするBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE。(写真提供:LDH JAPAN)(メディアギャラリー他8件) 「LIVE×ONLINE」は7月に初開催された、LDHによる新たなエンタテインメント施策。連日LDHアーティストがステージを披露し、その模様はABEMAを通じて日本国内だけでなく世界中のファンに向けて配信される。「LIVE×ONLINE IMAGINATION」2日目には本イベント初出演となるBALLISTIK BOYZが登場。「GET HYPED」をテーマに掲げ、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中断を余儀なくされた初のツアー「BALLISTIK BOYZ LIVE TOUR 2020 "BBZ"」のセットリストを中心に構成した内容でド迫力のライブパフォーマンスを繰り広げた。 オープニング映像の演出を経て、会場と中継がつながると、EXILE TRIBEで唯一全員がボーカルを務めるグループを象徴するように7人がマイクを手にステージに向かうさまが映し出される。真っ赤な照明に包まれた7人は「ANTI-HERO'S」でライブをスタート。続く「BADDEST FIRE」では、サビの「Fire」の声に合わせて炎が吹き上がる演出でも魅せた。海沼流星が先頭を歩きながら「僕たちと一緒に最高の思い出を作りましょう!」とファンにメッセージを送り、7人は「Most Wanted」を歌い始める。檻のようなセットの中に入ると、サポートメンバーのDJ FummyとPSYCHIC FEVERに合流し、アグレッシブなパフォーマンスを繰り広げた。「Front Burner」では縦横無尽にステージや花道を移動しながら熱唱。激しいレーザーが飛び交う中披露された「44RAIDERS」では「LIVE×ONLINE」のために用意されたドローンカメラ・SQUADRONEが躍動する7人の姿を捉えた。 メンバーそれぞれが得意なダンスをソロで踊ったあと、DJ Fummyのプレイに乗せて奥田力也がフリースタイルラップを披露。そこに海沼、松井利樹も加わったラップ担当メンバーは、未発表曲(タイトル未定)をお披露目した。彼らに替わって登場したボーカル担当メンバーである日高竜太、加納嘉将、深堀未来は「Crazy for your love」を歌唱。続く「Strangers」は離れた場所に置かれた椅子に座って美麗な歌声を響かせる4人の姿が4分割画面で映し出された。 衣装を着替えた奥田、海沼、松井はビーチチェアやヤシの木が配置されたスペースで、Twitterに寄せられたコメントを見ながらトーク。奥田は「3公演しかできなかった“BBZ”を新たな環境の中でパフォーマンスさせていただける機会をいただけて感謝の気持ちでいっぱいです」と語り、海沼も「セットリストを進化させてお届けしています。画面越しではあるんですが、皆さんに喜んでもらいたいという思いでリハをやってきたのでその思いが伝われば」と視聴者にメッセージを送った。そこにボーカルメンバーも合流すると、マイクの色に言及されたコメントに反応。日高は青、加納は紫、海沼はシルバー、深堀は赤、奥田はゴールド、松井は白、砂田は緑のマイクをアピールした。 砂田が「今年最後の夏の思い出作りましょう」と呼びかけ始まったのは最新シングル「SUMMER HYPE」。ここではTikTokハッシュタグ「#サマハイ」で投稿された動画が背後のスクリーンに映し出され、ファンとBALLISTIK BOYZがコラボレーションした。代表曲の「テンハネ -1000%-」ではハンドスプリングやバク転など、メンバー全員が得意のアクロバットを披露。さらに「Blast Off」「Make U a believer」とクールな楽曲を畳み掛け、視聴者を沸かせた。 PSYCHIC FEVERがパフォーマンスを披露したあとイメージ映像が上映され、その中で着用していたモスグリーンのサポートウェアをまとったメンバーが再登場。全員がLDHのダンススクール・EXPG STUDIOの出身者かつ深堀、奥田、砂田がEXILEのサポートダンサーを務めていたという理由から、7人はEXILEにリスペクトを込めて「THE NEXT DOOR」「Touch The Sky」「FIREWORKS」をメドレー形式でカバーした。さらにBALLISTIK BOYZは、兄貴分とも言えるDOBERMAN INFINITYの「DO PARTY」と「SAY YEAH!!」もカバー。ハイスキルな先輩グループのパーティチューンを歌いこなしてみせた。 EXPG生時代にEXILEのライブで「FIREWORKS」のパフォーマンスをダンサーとして盛り上げたという奥田は「今回BALLISTIK BOYZとしてパフォーマンスさせていただいて不思議な気持ちです」と心境を明かす。砂田も「小さい頃はまさか歌うことになるとは思ってなかったですよね」としみじみ語った。日高は「その思いはほかのメンバーにもあります。EXILEさんに夢をもらってEXILE TRIBEになりたいという夢を持ち、先輩方の背中を追いかけてきた7人なので、あこがれの先輩の楽曲をカバーさせていただくのは感慨深いですし、素直にうれしいです。EXILE TRIBEであり、Jr.EXILEの一員でもあるので先輩方が築き上げてきたものを受け継ぎながらも、自分たちなりに新しいエンタテインメントとして届けていきたいと思います」と語り、DOBERMAN INFINITYをカバーしたことについては「結成に至るまでにDOBERMAN INFINITYさんのおかげもあって、今こうしてBALLISTIK BOYZとして活動させていただいているので、EXILE TRIBEではあるんですが、DOBERMAN INFINITYさんの意思も引き継ぎながら、今までのEXILE TRIBEにはない新しい色を出していければと思います」と述べた。そして最後に7人はライブアンセム「PASION」をパフォーマンスし、熱量たっぷりに本編を締めくくった。 アンコールパートが始まる前には、絵を描くことが得意な深堀が大きなキャンバスに下絵を書き、それをメンバーで着色していく様子が映像で紹介された。映像が明けると会場にはその作品のもとに集うメンバーの姿が。彼らは「Bang Out」を歌いながら作品の中でワシがつかんでいる赤いプレート部分にその場で「BBZ」の文字を書き入れ、作品を完成させた。深堀は「また新たなBALLISTIK BOYZの芸術が生まれたんじゃないですか?」と満足げに笑い、最後に7人はデビュー前から大切にしてきた楽曲「NU WORLD」をパフォーマンス。汗を滴らせながら渾身の歌声を響かせ、最後はクリアパネルにサインを書いて「LIVE×ONLINE IMAGINATION」2日目を終了させた。 明日9月21日の「LIVE×ONLINE IMAGINATION」にはEXILE THE SECONDが出演。本日行われたBALLISTIK BOYZの公演の模様は、9月23日(水)22:59まで見逃し配信される。 ■ BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE「LIVE×ONLINE IMAGINATION」2020年9月20日 セットリスト 01. ANTI-HERO'S 02. BADDEST FIRE 03. Most Wanted 04. Front Burner 05. 44RAIDERS 06. 未発表曲 07. Crazy for your love 08. Strangers 09. SUMMER HYPE 10. テンハネ -1000%- 11. Blast Off 12. Make U a believer 13. THE NEXT DOOR 14. Touch The Sky 15. FIREWORKS 16. DO PARTY 17. SAY YEAH!! 18. PASION <アンコール> 19. Bang Out 20. NU WORLD ※日高竜太の「高」ははしご高が正式表記。

【関連記事】