Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

この季節がやってきた! ゴルフの早朝プレーを「アーリーバード」って言う理由、知ってる?【ゴルフ用語】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフでは陽の長い夏期の早朝プレーのことを「アーリーバード」と呼ぶことがある。では、なんでアーリーバードっていうのか、知ってる? 早朝プレーのときに披露したい、ゴルフの豆知識!

「早起きは三文の徳」を英語でいうと……

夏、日中は蒸し暑くてプレーも大変なので、早朝の特別スタート枠が人気だ。この早朝プレーは、一般的に「アーリーバード(early bird)」と呼ばれている。 アーリーバードのスタート時間は午前5時前後で、ハーフで休憩を挟まないスループレーという場合がほとんど。昼前にホールアウトできるので、午後からは仕事や、別の予定をこなすことができ、時間の有効活用という面でも人気がある。 ただし、スタート時にクラブハウスがオープンしていないため、ロッカールームやレストランが使えなかったり、プレー後に風呂を使えない場合もあるので、実際に利用する際には事前の確認したほうがいいだろう。 ちなみに、early birdは英語の慣用句で、「早起きの人」や「早く到着する人」、あるいは「早朝の」という意味がある。「The early bird catches the worm(早起きの鳥は虫をつかまえる/早起きは三文の徳)」のことわざで聞き覚えのある人も多いのではないだろうか。 (ゴルフダイジェストTVより)

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】