Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

さらばインドからの使者スズキバレーノ!! 登場4年で日本から撤退の敗因

配信

ベストカーWeb

    スズキのコンパクトカーの1台である「バレーノ」が、2020年7月はじめでWebサイトへの掲載を終了し、現在新車で買えるのは在庫のみとなっている。 【画像ギャラリー】販売終了のバレーノと 海外から逆輸入で日本にやってきた スズキの現行モデルたち   今回は残念ながら日本での販売は4年少々、一代限りとなってしまったバレーノを振り返る。  文/永田恵一 写真/SUZUKI、TOYOTA

■わずか4年で日本撤退 バレーノってどんなクルマ? 

    バレーノは、2015年のジュネーブモーターショーに出展されたコンセプトカー「iK2」を経て、同年のフランクフルトモーターショーで市販車が登場、2016年3月に日本での販売が始まった。   コンパクトカーにおけるバレーノのポジションは、同社のスイフトをド真ん中のコンパクトカーとすれば、ボディサイズが全長3995×全幅1745×全高1470mmと3ナンバーとなる日本車では珍しいものだった。   これはバレーノが、スズキの存在感が強いインドと開拓段階にあるヨーロッパを中心に考えたモデルだったためもあり、バレーノは例えるならルノー「ルーテシア」やプジョー「208」といった輸入車のコンパクトカーに近いモデルともいえる。   バレーノは、コンパクトカーとしては大きいボディサイズを生かしたキャビンとラゲッジスペースの広さ(特に横方向)に加え、パワートレーンはオーソドックスな1.2L 直列4気筒ガソリンNA+CVT、1L 直列3気筒ターボ+6速AT(このパワートレーンは最近のマイナーチェンジでスイフトからはカタログ落ちし、搭載するのはコンパクトクロスオーバーのクロスビーのみだが)を設定。   クルマの土台となるプラットホームも、バレーノで初採用となった現行スイフトなどに通じる新世代のもので、日本仕様の最軽量車は3ナンバーサイズながら910kgという軽さを実現するなど、思い返すと現在のスズキのコンパクトカーに盛り込まれる技術を示唆したモデルでもあった。   またバレーノは、当時先行者追従型のアダプティブクルーズコントロールを装備する日本車のコンパクトカーはおそらくなかったなか、1Lターボはアダプティブクルーズコントロールを装備していたほか(登場翌年の2017年には珍しいものではなくなるのだが)、1.2LガソリンNA/141万8000円、1Lターボ/161万7840円という価格もボディサイズの大きさなどを加味して考えると、安いといえば安かった。   なお、スズキの軽自動車以外の登録車にはハンガリー製の「エスクード」や「SX4 Sクロス」という輸入車もあるが、日本で販売されるバレーノも日本で販売される日本車として初となるインド製で、登場当初の年間販売目標台数は6000台だった。   登場後、バレーノは2016年11月に1.2LガソリンNAで装備を充実させたXSグレードの追加、2018年5月に1Lターボエンジン搭載車の使用ガソリンをハイオクからレギュラーに変更する(それに伴い最高出力、最大トルク、カタログ燃費は低下)という仕様変更を行った。   ちなみに、バレーノはインドでは登場から4年で65万台(月1万台以上)を販売する人気車で、資本提携を結ぶトヨタにも「グランツァ」の車名でOEM供給されている。

【関連記事】