Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

47CLUBのセレクトショップ「技わざ」がエキナカ「グランスタ東京」に 9月30日までの期間限定

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オーヴォ

 インターネット通販サイト運営会社「47CLUB(よんななくらぶ)」(東京都中央区)は、同社が運営するセレクトショップ「技わざ(わざわざ)」で扱っている商品について、JR東京駅構内にオープンした商業施設「グランスタ東京」で販売する店舗を展開している。9月30日までの期間限定だ。  グランスタ東京は、JR東日本で最大規模のエキナカ商業施設として今年8月3日にオープン。東京駅の改札内を中心に土産、弁当、レストラン、スイーツ、雑貨など153店舗を展開している。47CLUBのショップは「あきれるほどの、技と手間暇。『技わざ』」の店名で、駅構内1階の「グランスタ東京 POP UP GRANSTA GREEN」に出店し、食品と工芸品を扱っている。「技わざ」の実店舗展開は初めてだという。  目玉商品は「日本の夏大福」。夏の果物を入れ込んだ全国各地の大福を入れ替わりで販売する。栃木の夏イチゴを使った「御菓子司 桝金(ますきん)」(宇都宮市)の「夏おとめ大福」3個入り880円(税込み)や、高級ブドウを丸ごと1粒包んだ香川県の老舗「風月堂」の「瀬戸ジャイアンツ大福」2個入り660円(税込み)など数種類の大福を個数限定で販売する(入荷状況により販売時期未定)。  このほか、「技わざ」と地方のこだわり職人などがコラボしたオリジナル商品も展開。埼玉県の老舗煎餅店「おおとり」が青森ゴボウを使って焼き上げた「青森ごぼう味噌(みそ)煎餅」、愛媛県のかんきつを使った「もぎたて柑橘(かんきつ)ケーキ」を含め計3種のケーキなども売り出す。静岡県・遠州織物ガーゼマスク、福岡県の小倉織マスクといった伝統工芸マスクも夏を感じる商品として扱っている。  47CLUBは、全国の地方新聞社が厳選した名産品・特産品を販売するショッピングサイト「47CLUB」を運営。「技わざ」は同社が、肉、野菜、フルーツ、酒などおいしいだけでなく、「技」と「手間」が注がれた商品を販売するセレクトショップとして2019年3月から展開している。

【関連記事】