Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ムロツヨシ 好きな人への誕生日プレゼントは「数ヵ月前から調査、渡す経緯まで考える。どこか演出家でありたい」

配信

TOKYO FM+

リリー・フランキーが“スナックの店主”をつとめる、TOKYO FMの新番組「リリー・フランキー『スナック ラジオ』」。土曜日の夕方、ラジオの電波に乗ってオープンします。ときに香ばしく、ときに甘酸っぱく、ときにほろ苦く……そんな、スナックにぴったりなトークを繰り広げます。5月23日(土)は、俳優のムロツヨシさんをゲストにお迎えしました。

◆全国のママ、チーママをオンラインゲストに…?

リリー:ラジオネーム夜の探訪者さん、61歳、男性の方。「僕は30代の頃から、日本各地を訪れました。その地を知るには地元のスナックが1番です。女の子たちの方言や地元客との交流が最高です。ときにボラれたり痛い目にも遭いますが、それが探検家としての醍醐味です。 今はコロナで休業のスナックが多くて残念です。そこでご提案ですが、休業中のスナックの本物のママやチーママにご出演いただくのはどうですか? 今日は(新宿)2丁目、下町、銀座、地方のスナック……みたいな。厳しいなかではありますが、各地の本物のママやホステスさんを呼ぶのはいかがでしょうか」……これ、いいかもしれないですね。 BABI:めちゃくちゃ楽しそうですね! リリー:でも実際に「オンラインスナック」とか「オンラインガールズバー」って、今あるんだもんね。 ムロ:存在はしているみたいです。 リリー:でも本当に、こうやってテレビ電話で人と飲んだり話したりとか。お店で。女の子のお店でも、こうやってオンラインになるというのは、本当に“未来”って感じだよね。 ムロ:こんな未来は嫌ですけどね……。 リリー:ねぇ。

◆相手のことをすごく考えているのが伝わるムロツヨシのプレゼント…

リリー:前に、よく俺の誕生パーティーを(永山)瑛太とかみんなでしてくれているときがあったじゃん? そのときに、いつもムロのくれるプレゼントがすごくセンスがよくて。その人のことをすごく考えてものを選んでいる、というのがわかるわけ。 ムロ:それはうれしいですね。 リリー:古本屋で探したであろう、けっこうレアなボブ・ディランの詩集みたいなのだったり、今ここにあるステッドラーの鉛筆とか。俺が絵を描くからだろうと思うんだけど、こうやって女の人にプレゼントするときも、ちゃんといろいろ考えてプレゼントしているんだろうね。意外とそういうの無頓着そうじゃない? だけど、この人は、そういうのをちゃんとする人なんだな、と。 BABI:ムロさんがモテるのはわかる。だって、こんな私みたいな「誰? 何? お前」みたいな子にも、ちゃんと人として接してくれるじゃないですか。 ムロ:それは当たり前だろ(笑)。 リリー:ムロさんは、女性にどういうプレゼントをしてきたんですか? 例えばプレゼントをするとして、初めての彼女の誕生日プレゼントで、BABIみたいなタイプだったら? ムロ:タイプはわからないですけど……誕生日の数ヵ月前から調査はします。プレゼントが何というより、プレゼントを渡す経緯まで考えたいタイプです。どこか演出家でありたいんですよ。 リリー:渡すシチュエーションとかまで? ムロ:そうですね。 BABI:え? 素敵すぎる! ムロ:それが楽しいんじゃないですか! BABI:うわー! それは付き合っていない子にもできます? ムロ:つき合いたいと思った子にはできます。だから後輩の女の子・男の子には、みんなバッと渡しますけど。

【関連記事】