Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初の日米トレード決定/週べ回顧1972年編

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

高橋重行の米球界入りはどうなる?

 今回は『1972年2月7日号』。定価は90円。  1月16日の外電で大洋の高橋重行投手がSFジャイアンツと契約と出た。  これにびっくりしたのが大洋。高橋は前年秋に渡米して教育リーグに参加、テイラー外野手とのトレードが内定していたが、シピンの獲得もあって話がつぶれていた、はず。  森社長は、 「高橋君は大洋と契約をしているので、今年も大洋でやりますよ。シピン獲得の際、ジ軍関係者に骨を折ってもらったんで、勝手に高橋をくれるものと思い込んだのかな」  と話していた。果たしてどうなるか。  一方、正式に決まったのが、このSFジャイアンツ、フランク・ジョンソンとロッテの浜浦徹投手のトレード。史上初の日米交換トレードだ。  浜浦は前年の渡米時にブルペンでピッチングしているところをSFジャイアンツ関係者が一目惚れしたらしい。  一方、ジョンソンに関しては、どんな選手かほとんど情報がなかったようだ。  中村長芳オーナーは、 「日米交換トレードというのは初めてのことで、日本にもアメリカにも協約がない。2選手が一度、自由契約になって契約する形にしました。浜浦君はこれで完全にジャイアンツの選手になったわけで、何年か先に戻すことは考えていない」  と話していた。  一方、浜浦はこう語っている。 「できたらシーズン後半にはメジャーに上がりたい」  マッシーの再来なるか。  では、またあした。 <次回に続く> 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】