Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トッティ引退の原因とは?「今すぐ家に帰れ!」監督との関係悪化させた深夜の出来事

配信

REAL SPORTS

「わかりました。罰を受け入れます。その代償を受けるのが俺かあなたなのか、見てみようじゃありませんか」。これは2016-17シーズン、ルチアーノ・スパレッティ監督に「練習場から出て行け!」と命令された直後のトッティの発言。日本でも3月に刊行予定の『フランチェスコ・トッティ自伝』に収録されたエピソードだ。その後に待ち受けていたのは悲しい別れ、そしてトッティ自身の引退。2005-06シーズン、トッティを中心としたゼロトップ採用で一時代を築いた2人にいったい何があったのか? (文=沖山ナオミ、写真=Getty Images)

ファースト・スパレッティ、蜜月時代

ルチアーノ・スパレッティはゼロトップを採用して、美しきローマサッカーを具現化したことで有名だ。2005-06シーズン、故障者が続出するなかで、スパレッティは暫定的にフランチェスコ・トッティをトップに置き、偶然にもそれがうまくはまったのだ。ローマはその後、11連勝。そのうち最初の8試合でトッティは8ゴール決めている。10位から5位まで順位を上げたものの、トッティの負傷離脱とともにローマは停滞した。 負傷入院中、スパレッティは毎晩、トッティを見舞った。2人は朝の3時頃までサッカーの雑談をした。例えばこんなふうに。「さて、親愛なるフランチェスコ君。来季のローマを一緒にデザインしようじゃないか。いろんなオプションをこれから書く。一緒にすべての選手の長所と欠点を考察してみよう」。 2006 FIFAワールドカップ・ドイツ大会を前にして負傷したトッティは不安に苛まれていたが、4日間連日見舞いにきたスパレッティに対して、信頼と愛情を感じたという。当時の2人はお互いを必要とする蜜月関係にあったのだ。もともとスパレッティはローマに来る前から、トッティと仕事をすることが夢だったという。トッティも新監督がスパレッティと聞いたときは喜んだ。その前からトッティは「ウディネーゼのサッカーをそのままローマに持ち込みたい」と同僚のダニエレ・デ・ロッシ、クリスティアン・パヌッチと話していたのだ。

【関連記事】