Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“おじさん”シンクロ集団の“ちょっとした努力”を応援したくなる『シンク・オア・スイム―』<山崎ナオコーラ映画連載>

配信

ザテレビジョン

山崎ナオコーラが映画をテーマに等身大でつづるエッセイ。第15回は、悩める中年男性たちが人生の再起を懸けて悪戦苦闘するさまを実話をもとに映画化し、本国フランスで大ヒットを記録した痛快群像喜劇『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(6月22日(月)夜6:45、WOWOWシネマ)を観る。 【写真を見る】“おじさん”たちの体形もリアルな『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』 ■ “おじさん”という言葉は相手を傷つけるかもしれない 『「おじさん」というのは、差別語かどうか、ギリギリのところなんじゃないかと最近の私は思うようになり、使うのに慎重になっている』 若い頃は何の気なしにどんどん使っていたのだが、大体が揶揄するためのセリフになってしまった。また、女性蔑視に反逆するための有効な言葉とも思っていたのだが、自分自身の年齢が上がり、仕事でも言葉が通り過ぎるようになり、自分が予想していた以上に自分の言葉が強く響くときがままあることにヒヤリとして、それから、「おばさん」と言われるから「おじさん」と言い返すのも違うとも思い、あとそれから、立場の弱い優しい男性もたくさんいることに気がついたのもあり、「『“おじさん”という言葉は相手を傷つけるかもしれない』と考えながら使用しないとな」と反省している。 だが、『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は、「おじさん」という言葉を使わずに紹介するのは難しい。 中年の「おじさん」たちが、公営プールのシンクロナイズドスイミングのチームで一念発起して、世界選手権の金メダルを目指す物語だ(ちなみに、2017年からアーティスティックスイミングと名称が変わったらしいが、作中ではシンクロナイズドスイミングとなっている。時代設定かもしれない)。 主人公のベルトラン(マチュー・アマルリック)は、うつ病を患って会社を辞め、休職中だ。だが、子どもたちに軽く扱われたり、家に居場所を感じられなかったりして、就職活動を始めてしまう。そんな中、たまたま出かけた公営プールで張り紙を見かけ、シンクロナイズドスイミングへの挑戦を決める。アルコール依存症などの自身の問題を抱えるコーチと、やはりそれぞれの問題を抱える一癖も二癖もある個性的なメンバーたちとの練習が始まる。 メンバーは8人だが、フィーチャーされるのは4人だ。入れ替わり立ち替わり「かっこ悪い人生」を披露する。 ベテラン俳優の演技でコミカルに、かつ、センスのいい音楽と共にリズミカルにつづられる。 ■ ちょっと頑張っただけの人だってメダルをもらうべきだ 映画を観終わって、一番に思ったことは、「すべての人にメダルは必要なんだな」ということだ。 こういう「スポーツもの」の映画に対して、努力をして、チームで団結して、それでも負ける、というようなところに感動するものだという先入観を私は持っていた。 まあ、この「おじさん」たちも、練習はしているし、みんなで仲良くはなっている。 だけど、なんていうかこう、「ものすごく頑張っているなあ」という感じの撮り方ではないのだ。努力はしているけれども、ちょっと笑っちゃうような努力というか……。自分を変えるような、ライバルを打ち負かすような努力ではなくて、自分がとりあえず満足するような努力を、仲間内で小競り合いしながら行っている。 体型も、結構リアルだ。お腹が出ていて、決して筋肉美はない。物語の進行に従って変わっていくのかと思いきや、そこはそんなに変わらないのだ。髪の毛もボサボサのままだ。 そうか、このままでいいんだ。このままでメダルをもらってこそ、意味がある。 ライバルを負かすような努力なんて人生にはいらない。かっこ悪いまま、年齢に逆らわずに、自分らしいちょっとした努力において、メダルをもらうのだ。 そう、ちょっと頑張っただけの人だってメダルをもらうべきだ。メダルは量産した方がいい。さまざまな分野にいろいろな面で頑張っている人がいるわけだから、みんながもらうのがいい。 そして、「オレにはメダルがあるんだよ」と、周囲の人に見せびらかさなくてはいけない。みんながそれをやるべきだ。 ■ 「おじさん」のかっこ悪さを、やっぱり、本当は笑ってはいけない ベルトランは、妻の姉の夫が経営する家具店で職を得る。妻の姉のことも、その夫のこともいけすかないと思っているが、仕事欲しさに雇ってもらう。だが、やっぱりベルトランには不満が溜まり、最後にはケンカになる。 「君はロクデナシだ。妻を働かせてプールで踊ってる。軟弱踊りの世界選手権だと? 滑稽だよ」 妻の姉の夫が笑う。 「僕らは悪くない。自分で選んだ道じゃない。不幸な偶然だよ」 ベルトランが言う。 僕らは悪くない、とはどういう意味だろうか? 人生が上手くいっていないことに関してか? いや、そもそも、男に生まれることを選んでいないということか。 ボーヴォワールの「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」という言葉は有名だ。昨今はフェミニズムブームで、多くの人が「女性らしさ」に疑問を持つようになった。 だが、男性に「男性らしさ」を強いることはまだ行われている。男性が女性的なことをしているのを見たときは笑っていい、ユーモアとして捉えていい、という空気はまだまだ残っている。 「おじさん」のかっこ悪さを、やっぱり、本当は笑ってはいけないのだと思う。 男性だから、という理由で責めたり、プレッシャーをかけたりしてはいけない。 もうすぐ、従来の「おじさん」のイメージがなくなる時代が来る。その過渡期にある映画だ。「おじさん」にもメダルを、そして、その他のみんなにもメダルをあげよう、そういう気持ちになる。 ■ 山崎ナオコーラ 作家。1978年生まれ。『趣味で腹いっぱい』『リボンの男』、エッセイ『文豪お墓まいり記』『ブスの自信の持ち方』など。目標は「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。(ザテレビジョン)

【関連記事】