Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リーグ戦で快勝もアーセナルを警戒…ACリンダース氏「リーグ戦とカップ戦は別物」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

リバプールのアシスタントコーチを務めるペップ・リンダース氏が、中2日で行われるアーセナル戦に向けてリーグ戦とカップ戦は別物だと述べた。クラブ公式サイトが伝えている。 【動画】オーバメヤンが達成した数々の記録をチェック 10月1日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でアーセナルと激突するリバプール。先月28日に行われたプレミアリーグ第3節でも対戦したアーセナル戦では先制を許しながらも、王者の貫禄を見せつけて3-1の快勝を収めた。 アーセナルに連勝を目指すリンダース氏は、リーグ戦とカップ戦は別物だと強調。相手指揮官の歴戦を踏まえ、難しい試合になると予想している。 「リーグ戦でも戦ったが、今回はカップ戦だ。ミケル・アルテタ監督のカップ戦での歴戦はよく知っている。手強い相手になるだろう」 「中2日しかない。もちろん彼らは我々と同様に改善するだろう。楽しみにしているよ」 「例えば、歴史上の優れた全チームを見てみても、いまのところヨーロッパで本当のアイデンティティ持っているのは彼らだ。ミケルはこのアイデンティティをアーセナルに植えつけた」 「重要なことは中2日しかない回復プロセスだ。どうやってフレッシュネスを取り戻せばいい?」 「どうすれば選手たちが今までのプレースタイルのまま試合に臨むための本当の準備が出来ているか確かめられるのか? それが今重要なことだ」 リバプールのプレースタイルではフレッシュさとフィットネスが鍵となると話すリンダース氏は、若手を多く起用することも示唆している。 「疲労が残っている場合は、より難しい試合になることはわかっている。いつものように若さと経験を兼ね備えた強いチームを送り出す。しかし、特にそれは決勝戦のような夜に再びアンフィールドで戦いたいというハングリー精神と情熱を持ったチームになるだろう」

超WORLDサッカー!

【関連記事】