Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

復帰が延びた錦織圭は34位。世界60位を破った内山靖崇は3つ上げて86位に【テニス/日本男子ランキング】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 男子テニスのATPツアーは8月下旬から再開し、ATPランキングも更新されるようになった。8月31日発表のランキングから、日本人選手の動向をお伝えしよう。  シングルスでは、日本人最上位の錦織圭が前週から3つ落として34位。ヒジの故障による長期休養から、8月22日開幕のウェスタン&サザン・オープン(アメリカ・ニューヨーク/ATP1000)で復帰予定だったが、直前に新型コロナウイルス感染が判明し、欠場を余儀なくされた。続く同会場での全米オープンもスキップし、復帰は9月8日からのクレー大会「ジェネラリ・オープン」(オーストリア・キッツビューエル/ATP250)を予定している。  全米からのツアー参戦を選択し、W&Sオープンを見送った西岡良仁は、1つ下げて49位に。W&Sオープン予選に挑んだ内山靖崇は、初戦でATP60位のパブロ・クエバス(ウルグアイ)に勝利し、2回戦でリカルダス・ベランキス(リトアニア)にファイナル・タイブレークで敗れたが、3ランクアップの86位としている。  杉田祐一とダニエル太郎は同予選1回戦で敗退。杉田は1つダウンの88位、ダニエルは前週と同じ112位となっている。    なお、現在ATPは暫定的なランキング制度を採用している。通常は過去52週の成績で計算するが、コロナ禍の特別措置として2019年3月~20年12月までの大会を対象にし、獲得ポイントが多い18大会をもとに算出。前年と同じ大会に出場した場合は、成績上位の方が加算される。  以下は日本男子の上位のランキング。 ◆男子シングルス(日本選手上位15人) 34位(▼3)錦織圭(日清食品) 49位(▼1)西岡良仁(ミキハウス) 86位(△3)内山靖崇(積水化学工業) 88位(▼1)杉田祐一(三菱電機) 112位(――)ダニエル太郎(エイブル) 119位(▼2)添田豪(GODAI) 157位(▼3)伊藤竜馬(北日本物産) 229位(▼2)綿貫陽介(日清食品) 236位(▼1)守屋宏紀(北日本物産) 272位(▼2)関口周一(Team REC) 308位(▼6)今井慎太郎(イカイ) 316位(▼3)内田海智(富士薬品) 318位(▼3)清水悠太(三菱電機) 398位(▼1)野口莉央(明治安田生命) 416位(▼1)高橋悠介(三菱電機) ◆男子ダブルス(日本選手上位5人) 61位(▼3)マクラクラン勉(イカイ) 187位(▼3)松井俊英(ASIA PARTNERSHIP FUND) 341位(▼1)今井慎太郎(イカイ) 405位(――)守屋宏紀(北日本物産) 448位(▼1)内山靖崇(積水化学工業) 構成●スマッシュ編集部  

【関連記事】