Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「自民党は総裁選によってバージョンアップしていく政党だからだ」“圧倒的劣勢”でも石破氏・岸田氏が戦いをやめない理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 来週8日の告示を前に、多くの派閥から支持を集める菅義偉官房長官の“圧勝ムード”が漂う自民党総裁選。 【映像】圧倒的な劣勢でも戦う意義は?石破・岸田両陣営に聞く  「安倍総理の後継に誰がふさわしいか」と尋ねた朝日新聞の世論調査でも、菅氏はこれまでトップを走ってきた石破元幹事長を逆転。安倍総理が“禅譲”すると見られてきた岸田政調会長をも引き離している。  それでも石破氏と岸田氏が諦めないのはなぜなのか、自民党総裁選の意義とは?そこで4日の『ABEMA Prime』では、石破派(水月会)の平将明・内閣府副大臣と岸田派(宏池会)の小林史明・自民党青年局長を招き、話を聞いた。  「私は2005年に国会議員に初当選したが、昔の自民党に戻ってしまうのは嫌だ」(平氏)、「まさにこれから政策議論が始まる。自民党総裁選は無記名投票なので、誰が誰に投票したかは分からない。勝負はこれからだ」(小林氏)と話す両氏の思いとは…?

■石破氏の“推しポイント”は「正直、公正」だ(平氏)

 石破派(水月会)が立ち上げられたのは今からちょうど5年前の9月。平氏はその中心人物の一人だ。「権力は腐っていく。安倍さんの政策にはいいところもあるが悪いところもある。それでも申し訳ないが、今の野党に任せるわけにはいかない。だからこそ安倍さん一強の中、党内で忖度せずに言いたいことを言えるグループが必要だという石破さん訴えた。そこで安倍さんの2期目が確定し、これから3年間は続くというのが判明したその日に石破派を立ち上げた。派閥の談合のような今の政局を見ていると、石破派を作っておいて本当に良かったなと思う」と話す。  「政治が“パワー・オリエンテッド”になってしまっているのを“ルール・ベースド”に戻し、国民の皆さんとの信頼関係を組み直さなければ、このコロナ禍を乗り越えることはできないと思うし、それは安倍総理をディフェンスしてきた菅さんには難しい。“正直、公正”は石破さんが前回の総裁選に出馬した時のキャッチフレーズでもあるが、本当に真面目で嘘のない人だ。特に人事は公正で、私は石破さんが政調会長だった時代、ほとんど話をしたこともない2期生だったのに経産部会長に抜擢してくれた」。

【関連記事】