Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【オタ母あるある漫画】小学校高学年の息子よ、母がオタクだと気づいているのか? 突然投げられた“リクエスト”に衝撃を受けた話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

 2児を育てるワーキングマザーのフミエさん(33歳)は、推しを愛する女としての顔(推し活ネームは「カーマイン」)も持ち合わせている“オタ母”です。長男は小学校高学年。自分の母がオタクだと気付いているのでしょうか……!? 【画像】漫画の続き  実はフミエさんは以前、推しへの思いや創作意欲をつづった秘密のスケッチブック(※全年齢版)を長男くんに読まれてしまい、「おしかぷってなーに?」などと読み上げられる痛恨の出来事に遭遇しています。しかし、息子はそのあとスケッチブックについて何か言ってくることはなく、フミエさんは「もう忘れてるのかも」とホッと胸をなでおろしていました。  しかし……ある休日のこと。長男くんの好きな作品の特別番組が流れていました。夢中になって見る長男くんがぽつりと呟いたのは――「ママ、主人公の○○と相棒の○○のふたりのマンガ描いて? なかよしのやつ」!  スケッチブックを見たことを忘れているどころか、「ママはこういうの描ける」→「自分の好きなやつも描いてもらおう!」といきなりのカプ絵リクエストまでしてくる“完全な理解”……! もちろん「カップリング」という意識はないとは思いますが、その胸に芽生えた「あのキャラとあのキャラがなかよしでいてほしい」という気持ち、これからも大切にしてほしい。 (ねとらぼGirlSide/漫画:ニック佐藤)

ねとらぼ

【関連記事】