Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

究極の“とことん勝負”を制するのはどっちだ 永瀬拓矢叡王 対 豊島将之竜王 3勝3敗2持将棋で決定局/将棋・叡王戦七番勝負

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 将棋の叡王戦七番勝負第9局が9月21日、東京都渋谷区の将棋会館で行われている。初防衛を目指す永瀬拓矢叡王(王座、28)と、奪取を狙う豊島将之竜王(30)の戦いは、千日手1局・持将棋2局と両者譲らない激闘が繰り返され、ついに七番勝負ながら第9局に。都合10局目の決定局は、角換わり腰掛け銀の出だしから進んでいる。 【動画】決着の第9局開始直後の様子  千日手・持将棋を敬遠しない永瀬叡王と、真正面からぶつかり合う豊島竜王の対決は、まさにがっぷり四つ。第8局が終了した後のインタビューでは、永瀬叡王が第9局に選べる中で最長の持ち時間6時間を望んだことに、豊島竜王が「このシリーズは流れで、とことんやっていこうとなっている」と語る一幕もあった。合計手数では、既に七番勝負としては最多の1307手にもなっている。歳も近いタイトルホルダー同士の“とことん勝負”は、本局でついに決着がつく。  本局の持ち時間は各6時間。先手は豊島竜王。 【昼食の注文】 永瀬拓矢叡王 肉豆腐(キムチ)弁当 豊島将之竜王 チキン山椒焼き弁当 【昼食休憩時の残り持ち時間】 永瀬拓矢叡王 4時間14分(消費時間1時間46分) 豊島将之竜王 5時間18分(消費42分)

【関連記事】