Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

玉城ティナ、女子大生役でGP帯連ドラレギュラー初出演「錚々たるキャストの方々の中で…」<極主夫道>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

2020年10月11日(日)よりスタートする、玉木宏主演ドラマ「極主夫道」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)に、玉城ティナが出演することが分かった。玉城はGP帯連ドラ、レギュラー初出演。純喫茶でアルバイトをする女子大生・大前ゆかりを演じる。 【写真を見る】玉城ティナ、ビッグニットから“真っ白な美脚”チラリ! 本作は、おおのこうすけ原作の同名漫画を実写化した作品。裏社会に数々の伝説を残した最凶の極道として“不死身の龍(たつ)”の異名を持つ男・龍が、極道から足を洗い、専業主夫に。そんな彼が、主夫の大変さやトラブル、悩みを爽快に解決し、全力でコミカルに描く仁義なきヒューマン任侠コメディーだ。 玉城が演じるのはドラマオリジナルキャラクターで、純喫茶でアルバイトをする女子大生・大前ゆかり。強面の“龍”にも、物怖じせずに接していく。 ■ 玉城ティナコメント ――ドラマの出演が決まった時のお気持ちは? 以前から原作の名前は知っていたのですが、お話が来た後に原作を初めて読みました。すごく元気が出ましたし、とても面白い作品だと感じました。 ゆかりは原作には出ていないのですが、ドラマをさらに面白くするスパイスとなれるよう、ゆかりという役を演じられればいいなと思います。お話を聞いた時は、純粋に嬉しかったです。 ――玉城さんが演じられる大前ゆかり役は、どのようなキャラクター? ゆかりは、周りからは言動がストレートすぎるように見えてしまうかもしれないのですが、自分の道を真っすぐ進んでいるだけなんです。人の顔色をうかがうというより、自分の信念に基づいて生きている女の子かなと思います。 ――最後に視聴者のみなさんに一言 新日曜ドラマ「極主夫道」、錚々たるキャストの方々の中で私もひとつのスパイスとなれるよう頑張りますので、楽しんでもらえればと思います。 これからまだまだ撮影は続きますが、私も一視聴者として早く見たい気持ちでうずうずしています。早くみなさんに届けたいです。頑張ります。(ザテレビジョン)