Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本代表選手でも適応できず。 井手口陽介らリーガ2部での苦闘の歴史

配信

webスポルティーバ

リーガに挑んだ日本人(12)  リーガ・エスパニョーラの場合、下部リーグといっても侮ってはいけない。 【画像】久保建英の20年前にアトレティコと契約した日本人少年  リーガ2部は、オーストリア、ギリシャ、スイス、スコットランドなど欧州サッカー中堅国の1部リーグに匹敵、もしくは凌駕する水準にある。事実、多くのリーガ2部出身選手が他国で活躍を示している。たとえばホナタン・ソリアーノ(ジローナ)は、バルサB時代に2部得点王の称号をひっさげてレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)に移籍。4度のリーグ制覇、3年連続得点王に輝いている。  この連載「リーガに挑んだ日本人」では福田健二(カステジョン、ヌマンシア、ラス・パルマスなど)、鈴木大輔(ヒムナスティック・タラゴナ、現浦和レッズ)の活躍を綴っているが、あらためてリーガ2部という戦場とはいかなるものか――そのほかの選手たちの戦いを振り返る。  2018年1月、当時、日本代表でレギュラーの座を奪いつつあった新鋭MF井手口陽介(ガンバ大阪)が、リーズ・ユナイテッドからの期限付き移籍という形で、2部クルトゥラル・レオネサに入団している。

「クルトゥラルにとって、歴史的な契約!」  地元紙『ディアリオ・デ・レオン』は、井手口がブラジル代表ネイマールからボールを奪う一枚の写真をデカデカと使い、派手に伝えていた。  井手口はポテンシャルの高さが認められた選手だった。その証拠に、入団直後から出場機会を与えられている。先発はわずか1試合だったものの、5試合連続で出場したのだ。  しかし、3月には評価が急降下していた。 「重要な補強だったはずだが、出場機会なし。ロシアワールドカップに向け、暗雲」 『ディアリオ・デ・レオン』の論調は、厳しいものに変わった。記事の内容もネガティブだ。  そして5月、同紙は井手口の特集を組んだが、その時は完全に「なぜ失敗したのか?」という切り口だった。デビューから5試合出場以後は、プレー機会なし。本人が「言葉が壁。理解し合えないことがストレスになっている」と語る小見出しになっていた。  クルトゥラルはこのシーズン、結局19位(22チーム中)と低迷し、2部B(実質3部)への降格が決定した。補強した日本人MFがまるで戦力にならない状況では、失望感も強い。ドイツの2部グロイタ―・ヒュルトへ移籍したことを、最後は淡々と伝えていた。

【関連記事】