Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

思考力は模倣で鍛える。マーケターの筋トレ「マーケティングトレース」

配信

ライフハッカー[日本版]

マーケティングトレースとは、企業のマーケティング戦略をフレームワークに落とし込んで分析し、言語化や図解をしながら思考力を鍛えるトレーニング手法です。 自分自身がテーマ企業のCMO(最高マーケティング責任者)になった想定で、戦略の仮説作りまでを行います。(「はじめにーーマーケティングを学びたいすべての人へ」より) ちなみにこれは、マーケティング思考力を鍛えるためのトレーニングとして『マーケティング思考力トレーニング』(黒澤友貴 著、フォレスト出版)の著者が考案した造語だそう。 トレースとは「なぞる」という意味ですが、つまり優良企業のマーケティング戦略をトレースする(なぞる、真似する、模倣する)ことで、成果につながるマーケティング戦略・戦術を自分のものにすることを狙いとしているのだそうです。 この場合の「トレースする」とは、自分なりに言語化・フレームワークを活用して図解すること。 マーケティング思考を身につけるためには、日々のトレーニングが必要。 そこで、日常のなかでマーケティング思考を磨くトレーニングにしたいという想いを込めて、「マーケターの筋トレ」という表現を用いているのだといいます。 いずれにしても、まず最初にマーケティングトレースについての基礎的なことを確認しておきたいところではあります。 そこできょうは第1章「マーケティングトレースーマーケターの筋トレーとは何か?」に焦点を当ててみたいと思います。

マーケティング思考とはなにか?

そもそもマーケティング思考とはなんなのでしょうか? また、なんのためにマーケティング志向が必要なのでしょうか? 著者はこうした問いに対して、次のように答えています。 マーケティングは組織が価値を提供し その対価として消費者が金銭・時間などのコストを支払う交換行為 (11ページより) つまり、企業と生活者の双方がともにハッピーになる構造をつくることがマーケティングだということ。では、マーケティング思考とは? マーケティング思考とは何か? ① 届ける価値を最大化・最適化する ↓ ② ユーザーのニーズ・ウォンツが満たされる(喜ばれる) ↓ ③ 企業が儲かる (12ページより) 本書では、この①~③の流れをつくり出すための考え方を「マーケティング思考」と定義し、よい価値を届けられる構造を考えることを「マーケティング思考」としているわけです。 マーケティング思考がないと仕事はうまく回らず、「成果が出ない」「儲からない」としたら、それはマーケティング志向の欠如した仕事の結果なのだと著者は主張しています。 しかもマーケティング思考は特定の人にだけ求められるものではなく、仕事をするすべての人に必要なもの。 ロジカルシンキングと同じように、仕事をするうえでの基礎スキルだということです。(11ページより)

【関連記事】