Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米失業率8.4% 5か月ぶり10%下回る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

アメリカの8月の失業率は、前の月から改善し、8.4%となり、5か月ぶりに10%を下回りました。 アメリカ労働省が4日に発表した雇用統計で、8月の失業率は8.4%と、前の月から1.8ポイント改善しました。 新型コロナウイルスの感染拡大で、4月には14.7%と、第二次世界大戦後、最悪の水準まで悪化しました。 その後は、経済活動の再開に伴い改善を続け、今回は5か月ぶりに10%を下回りました。 市場予想を上回る回復でしたが、大手航空各社などは、国の追加支援を得られなければ、人員整理に踏み切る計画を明らかにしていて、雇用情勢の先行きに懸念も出ています。

【関連記事】