Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一番うまい“駄菓子”決定戦! 究極の駄菓子はどれだ!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ねとらぼ

●クッピーラムネ

 小袋に入ったラムネ菓子です。小さくて口の中ですぐに溶けるクッピーラムネは、幼い子どもでも食べられると人気。  ちなみに、パッケージに登場するウサギとリスの名前は、「クッピー(ウサギ)」と「ラム(リス)」だそう。

●餅太郎

 塩味のついた小粒のおかきと、たまに入っているピーナツがおいしい餅太郎。臼で餅をつくパッケージに見覚えがある人も多いですよね。  大人なら、1粒ずつ食べずに袋ごと口に流し入れる贅沢食いもオススメ! 口いっぱいの餅太郎が、幸せな気持ちにしてくれます。駄菓子を贅沢に食べるのも大人の特権かもしれないですね。

●自然あんずボー

 天日乾燥したあんず果肉をシロップに漬けた、さっぱり味の駄菓子です。冷凍庫で凍らせるとアイスキャンディーになります。  浅草にあるあんず専門加工メーカー「港常(みなつね)」で作られており、小売りは首都圏がメインなので見たことないって人も多いと思います。

●ヨーグレット

 ビフィズス菌とカルシウムが配合されたヨーグルト味のラムネです。ときどき、ラムネに顔が書いてあるのも楽しいですね。  「舐める派」と「噛む派」で意見が分かれるところですが、個人的には「噛む派」です。

●スッパイマン

 沖縄土産の定番、スッパイマンはシナシナの梅干しの食感がクセになります。酸っぱいだけじゃなく、甘いのもあるのでお好みで……!  クエン酸たっぷりなので、熱中症対策にもなる優秀な駄菓子です。夏のお供にいかがですか。

●スーパービッグチョコ

 お値段以上の食べごたえを誇るスーパービッグチョコは、コーンパフをチョコレートでコーティングしたチョコレート菓子です。  驚くのはその大きさ! 子どもだけでなく、大人も満足の1本です。ピーナツのアクセントがいいですよね。

●ヤッターメン

 世界で一番小さいカップに入ったスナックラーメンです。フタの裏にくじが付いているのも楽しいですね。  子どもの頃、床にボロボロこぼして親に叱られたっけ……。そんな思い出がよみがえる駄菓子です。

【関連記事】