Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一番うまい“駄菓子”決定戦! 究極の駄菓子はどれだ!?

配信

ねとらぼ

 昔ながらの駄菓子屋、ずいぶん少なくなりましたよね……。スーパーやネットで懐かしい駄菓子を見つけるとつい買っちゃう人も多いのでは? そして、現在の駄菓子事情に驚く人も多いかもしれません。駄菓子のバリエーションは、昔と比べても遜色なく、むしろ、バリエーションが増えていたり、新しいものがあったりして、興味をそそられます。 【画像:好きな駄菓子ランキングTOP10を見る】  それでは、代表的な駄菓子の紹介をしていきます。

●ブラックサンダー

 ココアクッキーとプレーンビスケットのザクザク食感に、チョコレートの甘さが、イナズマ級に美味しいチョコレート菓子です。  ポケットに入れておけば、小腹が空いたときにパクッと役立ちます。ただし、夏はドロドロに溶けるのでご注意を!

●チュッパチャプス

 100種類以上のフレーバーを販売しているチュッパチャプス! 日本では「チュッパチャップス」と呼ぶ人もいますが、正しくは「チュッパチャプス」です。  ディスカウントストアなどで見かける、チュッパツリーなどに手を出した人も少なくないでしょう。絶対に食べきれないのに、部屋に置きたくなるんですよねあれ。3月23日より期間限定で新フレーバー「サクラ」が新登場し、また、人気フレーバーの「チェリー」も復活しました! まだ売っているお店もあるかもですね!

●モロッコフルーツヨーグル

 小さいスプーンですくって食べる、ヨーグルト風の定番駄菓子です。1961年の発売当初の値段は1個5円だったそうです!  フタの裏に付いているくじも、ワクワクしますよね。ちなみに、ヨーグルトは一切入っていません! 久々に食べるとなんと表現したらいいのか分からなかったです。不思議な味だけど、おいしかったです。

●ブタメン

子どもはもちろん、大人にも人気のミニサイズのカップラーメンです。定番のとんこつ味の他、しょうゆ・タン塩・カレー味もあります。  誰かがお湯を入れると、駄菓子屋中にブタメンの香りが漂ったのを思い出します。

●キャベツ太郎

 ソース味のスナック菓子に青のりがついた、まん丸のお菓子です。キャベツは入っていないのに何でこのネーミングになったのかというと、諸説あるそうですが芽キャベツのような見た目であることからこの名前になったそうです(参考:【キャベツ太郎の由来】なぜ「キャベツ」なの?販売元に聞いてみた!)。  歯の裏にくっつくのも含めて、愛すべき駄菓子です。

【関連記事】