Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【#プロレス今日は何の日】1991年6・9 UWFフロリダ クラッシャー・バンバン・ビガロvsスティーブ・ウィリアムス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

【#プロレス今日は何の日】 1991年6月9日 UWF フロリダ クラッシャー・バンバン・ビガロvsスティーブ・ウィリアムス! このUWFは、前田日明らによるUWFではなく、同時期にアメリカで存在したビル・ワットが作り、後にWCWの流れに合流することになるUWFですね。 スティーブ・ウィリアムスやテリー・ゴディが持っていたUWF世界ヘビー級王座はこちらのUWFが管理する王座でした。 このときにはビガロもウィリアムスも新日本プロレス、全日本プロレスなどで活躍し日本のファンにとってもおなじみの選手!その二人がUWFスポーツチャンネルチャンピオンシップトーナメントファイナル(まるでカタカナのせめぎ合い・・・)で対決したのがこの試合! ウィリアムスの奇襲に始まるもきっちりやり返すビガロ!コーナーに振られたウイリアムスがカウンターのビッグブーツからどかっとラリアットで反撃!ラリアットされたのか、はたまた自分が背面ドロップキックを喰らわせたのかのごとくぶっ飛ぶ職人ビガロ!ウイリアムスのガツガツパンチで流血に見舞われる! そのビガロのフワッと抱えてドスンと行くブロックバスターに串刺しDDT!ゴツゴツとヘッドバッドを打ち込んでいくビガロ!この試合ではダイビングボディプレスでしたけど、重量感あるダイビングヘッドは大好きです! ビガロの見事な受けが美しく、ウィリアムスの怒り顔がまた引き立ちます! 流血が激しいビガロをコーナーに振り、そのバウンドをキャッチし重量感たっぷりのパワースラム!ビガロが巨体であるがゆえにバン!と背中から落ちるちょっと優しげにも見えるパワースラムでウィリアムスが快勝! ドクターデスの勝利者インタビューは音響さんが思わずマイクの音量を絞るほどの大絶叫!解説席のブルーノ・サンマルチノ氏の控えめな音声とは対極的にパワフル過ぎるんデス! ウィリアムスは49歳、ビガロは45歳と二人とも早すぎる死を迎えてしまいました。 二人とも向こうでまたやっているのかな……と思いを馳せます。 今日もプロレス最高っ! 著者:AJスレンダー Twitter:ajslendertokyo 『元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 』365日分書き溜めております! プロレストークライブ企画・制作・券売など行っております。 キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と新旧格闘王mixでお応えします! 【実績一例】 「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」 「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」 「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」 「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」 「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など

【関連記事】