Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KAT-TUN中丸あふれる長瀬愛「世界の上位0.01%のイケメン」 国分太一からは「シューイチで何言ってもいいから」と許可

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 KAT―TUNの中丸雄一(36)が26日、レギュラー出演する日本テレビ系「シューイチ」(日曜午前7時30分)に生出演し、来年3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所するTOKIOの長瀬智也(41)についてコメントした。  長瀬は第一線から身を引いてクリエーターに転身する意向を示し、残るメンバー3人は来年4月1日に「株式会社TOKIO」を立ち上げて事務所の関連会社として“社内独立”をする。  中丸は、長瀬の退所について「個人的には辞めてしまうのはとても悲しいですね」と率直な感想。長瀬には遊びに連れていってもらったそうで、人柄について「かなり(年上の)先輩だと思っているが、1個上の先輩ぐらいの感覚で接してくれる」と親しみを込め、「いいグループ、いい先輩」とたたえた。  また、退所や独立は「ネガティブになるケースがある」としながら、TOKIOの“円満退社”には「会社との信頼関係がしっかりしている。今記事が出ても、これだけ前向きになれる。その間の過程をしっかり踏んだから、筋を通した印象を受けた」と力説した。  さらに「40歳くらいの男性になれば、いろいろな道を模索するのは当たり前」とし、退所も「会社を含めてお互い尊重して、うまくまとめたのかな」と察した。  国分太一(45)からは発表前に連絡をもらい話をしたという。「太一君も『何か気になることがあったら電話して。シューイチで何言ってもいいから』とおっしゃってくれた」と明かした。  裏方に回るとも伝えられる長瀬については「これだけイケメンで、実力、実績もある人が表から呼ばれないわけがない」とし、「1年後、2年後、状況はもちろん分からないが、いろんな可能性がある」と表舞台への復帰も推測。最後は、長瀬に向けて「この後(退所後)もたまに会ってほしい。本当に好きなんですよ。世界的な男性の上位の0.01%のイケメンだと思ってる。本当に尊敬してる」と“長瀬愛”を口にした。

【関連記事】