Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

野口聡一宇宙飛行士「クルー・ドラゴン」運用初号機への搭乗が決定!

配信

sorae 宇宙へのポータルサイト

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月31日、野口聡一宇宙飛行士がスペースXの新型宇宙船「クルー・ドラゴン」の運用初号機にミッションスペシャリストとして搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)へと向かうことが決定したと発表しました。 野口宇宙飛行士の飛行はスペースシャトル「ディスカバリー」による2005年7月のSTS-114ミッション、2009年12月~翌2010年6月のISS第22次/第23次長期滞在に続き、これが3回目となります。1回目のSTS-114は、2003年2月1日に発生した「コロンビア」の空中分解事故後初のミッションという重要な位置付けでした。2回目のISS長期滞在中には「きぼう」日本実験棟(JEM)の実験運用を行ったり、STS-131ミッションでISSへと到着した山崎直子宇宙飛行士(当時)との共同作業を実施したりしています。 スペースXのクルー・ドラゴンは現在開発が大詰めを迎えています。昨年3月の無人テスト飛行「Demo-1」に続き、今年5月中旬~下旬には2名のアメリカ人宇宙飛行士による有人テスト飛行「Demo-2」の実施が予定されています。野口宇宙飛行士が搭乗するのはこのDemo-2に次ぐ運用初号機で、同乗するアメリカのMichael Hopkins宇宙飛行士やVictor Glover宇宙飛行士とともに訓練を行う様子が公開されています。 なお、野口宇宙飛行士が搭乗するクルー・ドラゴン運用初号機の打ち上げ時期は今回の発表時点では決まっておらず、JAXAでは決定次第改めて発表することを案内しています。

松村武宏

【関連記事】