Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

見ると自然に笑顔、元気ぴんぴんに 10センチ田の神さあ、いつも一緒 口紅差し、知人に紹介 鹿児島・東市来

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 日置市東市来町長里の介護相談員、大塚みよ子さん(70)は、高さ10センチほどの小さな「田の神さあ」を大切にしている。昨秋、自宅近くの畑で見つけた。柔和な表情をたたえる軽石で作られた神さまに日々、元気をもらっている。 【写真】大塚みよ子さんの畑で見つかった小さい田の神さあ=日置市東市来町長里

 昨年10月のある日、畑の脇に転がっていたという。野菜を作って10年になるが、これまで目にしたことはなかった。洗って土をきれいに落とすと、手のしゃもじと茶わんもしっかりと彫り込まれていた。  上の区画には手先が器用だった男性が住んでいた。3年前に亡くなっており確認はできないが、大塚さんは「その人が作っていたものが、敷地から雨で流されてきたのでは」と推測する。  口紅を施し、会合などで外出する際は連れて行き、知人に紹介して回った。日頃はプラスチックのケースに入れ、自宅のテレビ横に飾っている。「愛らしい顔を眺めると、自然と笑顔になる」  田の神さあと出合って、もうすぐ1年になる。「大いに元気をもらったので、そろそろ男性の敷地に戻そうか」と思案中だ。

【関連記事】