Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大神いずみ、今語る「熱湯コマーシャル事件」24年目の真実

配信

NEWS ポストセブン

 伝説的バラエティ番組『スーパーJOCKEY』(日本テレビ系)で、ともにアシスタントを務めた松永二三男(69・1974年入社)と大神いずみ(51・1992年入社)。多くの後輩を育てた松永をして「最も印象深い新人だった」という大神と約20年ぶりの再会を果たした2人が、昔話に花を咲かせるなか、話題はあの騒動に及んで──。 【写真】大神いずみアナの元木大介氏との結婚会見。指輪を見せた

大神:松永さんにお世話になった話でいえば覚えていますか? 『スーパーJOCKEY』のこと!

松永:そりゃあもちろん。鮮明に覚えてますよ。

大神:「熱湯コマーシャル」の企画の時に、狙ったように私の名前でルーレットが止まったことがあったじゃないですか。水着にならなきゃいけないんだけど、私が号泣しながら「無理です!」と断固拒否したあの一件です(笑い)。結局、松永さんたちが代わりに熱湯に入ってくださって。

松永:あれは制作部がウケを狙った演出とも言えたね。

大神:実はあの頃、先輩が水着で熱湯風呂に入った件で会議が開かれ「今後局アナがこのような出演をすることは禁止」というお達しがあったんですよね。

松永:そうそう! それで私も上層部から「もし収録中、大神に何かあった時は助けなさい」と言われていた。案の定、大神の名前でルーレットが止まったので「許されるならば私が入ります!」と横入りしたんだったね。まぁ、当時の制作部はウケるなら何でもやる時代だったからね。

大神:私としては会社の命に従って拒否したのに、翌日、アナウンス室に行くと「泣くなんて何をしてるんだ」と非難されるし、局には全国から「水着になるのも仕事だろ」って抗議が殺到するし散々でした。当時は(今回の対談をセッティングした)週刊ポストさんにも色々書かれました(笑い)。

松永:でもその涙に心打たれた視聴者もいたはず。

大神:どうでしょう? でもその後の制作部との会合の時に文句を言わずに「ご迷惑をおかけしました」と挨拶したら、「大神、オトナになったな!」と感心されて……。それだけは救いでしたね。

【関連記事】