Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ホンダF1】Hondaパワーユニット勢は3台がトップ10入りする好調なスタート/F1ベルギーGP初日

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

2020年F1第7戦ベルギーGP(2020年8月28日から30日、スパ・フランコルシャン)の初日を終え、ホンダF1が次のように振り返った。 ●【FP2結果】F1第7戦ベルギーGPフリー走行2回目のタイム差、周回数 ■ホンダF1:初日レポート F1ベルギーGPが、伝統のスパ・フランコルシャンで開幕。初日は、アストンマーティン・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンがトップタイムをマークし、Hondaパワーユニットを搭載するマシンは3台がトップ10入りする好調なスタートとなりました。 午前に行われたFP1では、フェルスタッペンが首位と0.081秒差の3番手となります。チームメートのアレクサンダー・アルボンも6番手に。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトとピエール・ガスリーは、それぞれ11番手と12番手でしたが、4台とも首位と約1秒差圏内につけて最初のセッションを終えました。 FP2では、フェルスタッペンがダニエル・リカルド(ルノー)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)を上回って首位でセッションを終え、アルボンはそれに続く4番手となります。ガスリーも好タイムをマークし、フェルスタッペンと約0.8秒差の10番手。その約0.2秒差の12番手にクビアトとなりました。 4台合計で179周を走行し、貴重なデータを収集したHondaパワーユニット勢は、明日の予選、そして決勝に向けて着々と準備を進めています。

【関連記事】

最終更新:
TopNews