Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“逆球”が出たら1ペナ!? トップアマが教えるスコアメークの極意「持ち球一辺倒のゴルフ」でわかること

配信

みんなのゴルフダイジェスト

トップアマを講師に迎えたゴルフ力向上を目的としたプライベートの研修会に参加しているというゴルフトレンドウォッチャー・コヤマカズヒロ。トップアマは一体どんなふうにゴルフをしているのか? その“頭のなか”がうかがい知れる、研修会の中身をレポート!

「持ち球だけで攻めねばならない」縛りプレーでわかること

ある程度の実力になったら、より上を目指して県やコースの研修会に入って腕を磨くゴルファーは少なくない。今回はトレンドではないのだが、筆者の仲間が集まって、有志で行っているゴルフの勉強会について紹介したい。 その会は「ゴルフ力向上委員会 金澤塾」という大仰な名前がついている。茨城のトップアマ、金澤徹さんを迎えて、毎回テーマを決めてラウンドし、反省会を行う。金澤さんはアメリカでツアープロとして活動した後、帰国後はアマに復帰し、日本ミッドアマなどに出場している経歴の持ち主。キャディさんの派遣業を運営していて、我々はキャディ研修で実際に行われているグリーンの読み方を教えてもらったりしていて、大変有意義な会なのだ。 先日行われたテーマは、「持ち球一辺倒で攻める」だ。18ホールのうち、6ホールを持ち球だけで攻めなければならない。持ち球と違う逆球が出たら、1打ペナルティが課せられるという過酷なルールだ。6ホールなのは、我々が3組なので、6ホールずつ金澤さんについてもらうからで、そこで逆球かどうかをジャッジしてもらう。

普段は意識しなくても出る持ち球が意識すると途端に出ない!?

筆者は、いつもどおりプレーした最初の6ホールはリズム良く、スコアカード通りにパープレー。しかし、持ち球で攻める最初のティショットから逆球を打ち、以降はボロボロとボギーを重ねてしまった。結局、逆球のペナルティは3つ。曲げることにとらわれすぎて、意図通り曲がったものの池に落としてしまったホールもあった。持ち球とは、本来意識しなくても打てる球のはずだが、いざ打てと言われると意外と打てないことに驚いた。 ラウンド後は皆で反省会をやり、今回のテーマの意図が明かされる。金澤さんの考える持ち球を徹底することの意味を紹介しよう。まずはよく言われていることだが、フック系なら右、スライス系なら左が消せることだ。一方にしか曲がらないとわかっていれば、コースの幅を有効に使うことが出来る。 そして、重要なことが、自分の持っているものを活かすということだ。「持ち球は自分が持っている傾向、いわばクセのようなものです。プレッシャーの中で繰り返し打つことを考えると、クセを活かさない手はないんです。無い物ねだりして、クセを治そうとすると、遠回りにしやすくなります」と金澤さんは言う。 金澤さんはドロー=フック一辺倒だ。スライスを打つこともあるが、1ラウンドでせいぜい2,3回だという。「ピンが右ならピン方向に打ち出してセンター狙い。左なら持ち球で狙います。フックならいつでも打てるので。もちろん調子が悪いときもありますが、最初の3,4ホールで出球とか曲がり幅の傾向を掴むのが大事です。ゴルフは調子がいいときはそんなに続かないので、調子が悪いときは悪いなりの球を武器にして、組み立てないと」。

【関連記事】