Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ザ・ベストテン』司会者、中森明菜の怒鳴り声と小泉今日子の“匂い”に仰天の過去

配信

週刊女性PRIME

「最初の3か月は、ものすごいプレッシャーでした。TBSの看板番組で、あの久米宏さんの後を継いで2代目司会者になるんですから」 【ザ・ベストテン貴重写真】中森明菜と藤井フミヤの豪華誕生祝いショットほか  懐かしそうに語るのは“コニタン”こと小西博之(60)。'85年から1年間、黒柳徹子と一緒に歌番組『ザ・ベストテン』の司会を務めた。

「ほとんど記憶がないんです(笑)」

「25歳の若造が抜擢(ばってき)されたわけですから、不思議でした。レギュラーだった同じTBS系のバラエティー番組『欽ちゃんの週刊欽曜日』が終了に近づいたころ、『ベストテン』のプロデューサーさんから高級料亭に誘われて、しゃぶしゃぶをごちそうになったんです。“久米さんの後の司会を2回だけやってほしい”と言われました。  なぜか翌週も呼ばれて今度は、すき焼き。てっきり司会の話がなくなったと思ったら“やっぱり1年間やってほしい”と言うんです。さすがにためらったんですが“今すぐ、この場で返事が欲しい!”と土下座されて、思わずOKしました」  当時、小西がTBSで出演していた『欽曜日』と、ドラマ『金曜日の妻たちへ』の視聴率がともに35%前後。勢いを買われてのオファーだった。 「ベテランのアナウンサーさんから厳しくボイストレーニングの指導を受けました。夜9時からの本番が終わると、ディレクターさんに呼び出され録画チェック。“なんだ、このしゃべりは! 台本と違うじゃねぇか!!”と怒鳴られるんです。その説教が3時間半続き、解放されるのは夜中1時半。すぐ家に帰ると精神がもたないので、朝まで飲んでいました。だから、ほとんど記憶がないんです(笑)」  '85年10月から司会を始め、11月半ばに倒れて3日間だけ入院したことも。年が明けても試練は続いた。 「下積みをしてやっとデビューした『少年隊』がベストテン初登場1位になり、くす玉がドーンと割られてスタジオに出てきて、そこに僕が“今週の1位は『シブがき隊』のみなさんでーす!”って紹介してしまい……。また3時間半怒られるとビクビク。放送後、別室でジャニーさんにバッタリ。謝ったら“ユー、楽しかったよ”って。あのひと言には救われました。ディレクターも“間違えるのはいい。反省会も最初の3か月だけだ”って」  それからの9か月は楽しかったという。人気歌手の素顔にも触れることができた。 「小林旭さんが『今週のスポットライト』というコーナーで歌ったのが印象的でした。歌い出したのはいいのですが、歌詞のほとんどを間違えているんですよ。スタッフがあわてて字幕を消して。でも、小林さんは“えっへっへ、気持ちよかったけど間違えちゃったなァ”って笑っている。ほかのゲストもいるソファの真ん中にドーンと座って“オマエら、よく間違えねェなァ”って。別格でしたね」

【関連記事】