Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

清宮の真価が問われるレジェンド・武藤との闘い 小橋氏「キャリアは簡単に崩れない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 8月10日、横浜文化体育館でプロレスリング・ノアのビッグマッチ「NOAH the CHRONICLE vol.3」が行われる。大会当日、会場スクリーンのZoom画面から闘いの行方を見守ることになった小橋建太氏が、スペシャルシングルマッチで激突する武藤敬司と清宮海斗の一戦に言及。「清宮にとってはいいタイミングだ」と話した。ノアの新エース・清宮にとって“いいタイミング”とは、何を意味するのか? 【映像】武藤vs清宮、小橋建太の展望  これまで清宮は6人タッグ、タッグで武藤に挑んでおり、その結果はいずれも劣勢だ。だからこそ、清宮は望み続けた一騎打ちに気合が入る。8日に行われた会見で清宮は「プロレス界のナンバーワンになるために踏み込まなきゃいけない領域の闘い、天命の闘い」と意気込みを明かしている。  対して、清宮の挑戦を受けるレジェンドは「試合が終わった後、清宮の心が折れてるかもしれない。その時は“ごめんなさい”ですね。叩き潰しにいくこと(団体からの)要求じゃないか。この試合が組まれたのは彼に対する期待感があるからだと思う。誠心誠意、潰しにいきます」と話し、この闘いが清宮にとって、ノアの今後の展開にとって意味のある一戦になることを示唆している。

 そんな二人の戦いについて「清宮にとっては、いいタイミング」と話すのは、小橋建太氏。小橋氏は「百戦錬磨の相手に対して、正面からぶつかれば武藤敬司に分がある」と話すが、最近になり身体を絞った清宮に対して、厚みを増した武藤。このマッチアップに、キャリア4年の清宮がどのように挑むのかをポイントに挙げる。さらに小橋氏は、キャリアの差について「キャリアというのは簡単に崩れるものではない。清宮がチャンピオンになったとはいえ、武藤選手から見れば、まだ若手でしかない」と揺るがない両者の差であると指摘する。  一方、身体を絞ったことで技のスピードやキレを増した清宮が「何か策を考えているのでは」とも。「清宮がどういう攻め方をするのか、武藤選手がどう受けて立つのかが楽しみ。清宮が今持っている武器を最大限に生かすのが勝負につながる」と小橋氏は見どころを語った。  ただ「ここで、この組み合わせが組まれるとは思わなかった」と本音も。だからこそ「このカードが組まれることに関して、非常に楽しみ。強豪に期待の若手をシングルマッチでぶつける。この試合にかけるノアの清宮にかける期待感を感じる」と小橋氏。ノアのニュー・ホープである清宮にとっては、勝敗だけでなく、試合内容はもちろん、自身の存在感などプロレスラーとして、いま持ちうる“すべて”が問われる一戦となる。

【関連記事】