Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

池袋の『武蔵野うどん うちたて家』で約1.6kgのデカ盛りうどんを食べてきた

配信

食楽web

 池袋といえば、おしゃれな映え系カフェから、本場そのままの味のマニアックな中華料理、新しい店が続々オープンするラーメン店など、ものすごい数と種類の飲食店が密集する飲食店激戦区。  その中で、すっごくコシのあるうどんが山盛りで食べられる店があると聞き、向かったのは南池袋、東通りにある『武蔵野うどん うちたて家』。多摩~埼玉エリアのご当地手打ちうどん「武蔵野うどん」が味わえるお店です。

 店には、「もりうどん」、「とろろうどん」、「きのこ汁うどん」など9種類のつけ汁うどんプラス鍋焼きうどんがあり、いずれも普通(400g)、大盛(500g)、特盛(600g)、2枚(800g)、1kg、5つのボリュームから選べます。そして、通常冷たいざるうどんですが、麺があたたかい「あつもり」にすることも可能。  今回は店一押しの「ピリ辛つくね汁うどん」の1kgで注文。カウンター席に座り、調理するところを眺めつつ、のんびり待ちます。

 卓上に出てきたうどんは、1本の太さが約6~8mm四方。角がしっかり残っています。うどんは光沢があり、早く食べて~、と訴えてくるかのような美しさ。  早速計測。うどんは3枚合わせて1117g、ピリ辛つくね汁は532g(ともに器の重さを除く)。トータル1649g。あったかい汁じゃないので一気に伸びることはないとしても、うどんがツルツルピカピカのうちに味わいたい! ということで早速一口!

 まずは数本を箸ですくい、一気にすすると、口の中がうどんでいっぱいに。そこから何度も噛まないと飲み込めない! でも、噛めば噛むほど旨みが口の中いっぱいに広がっていきます。美味しい~。もちもち、ムチムチが楽しい~。 「最初は麺だけで味わうのもおすすめですよ」。とのことなので、つゆにつけずうどんだけで一口。ほのかな塩味、そして後からかすかに甘みが感じられます。 「讃岐うどんは噛まずにノド越しを楽しむと言いますが、武蔵野うどんは”噛んで、歯ごたえと小麦粉の旨みを楽しむ”うどんなんですよ」と女将。確かに。この強いコシと太さは、一気に飲み込もうとしても無理。しっかり噛んで味わわねば!

【関連記事】