Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『銃2020』製作の裏側を日南響子らが明かす 「ストレスを感じている人にこそ観てほしい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

  7月10日に公開される映画『銃2020』の完成発表記者会見が、7月2日に吉本興業東京本社内の屋外スペースにて行われ、キャストの日南響子、佐藤浩市、加藤雅也、企画・製作の奥山和由、監督の武正晴、本作の原案と初めての脚本を担当した中村文則が登場した。  本作は、中村文則のデビュー作『銃』(河出書房新社)を映画化し、2018年に公開された『銃』を、奥山プロデューサーの着想により、新たな視点で描いたもの。ある日、銃を拾った女性・東子(日南響子)が、さまざまな男たちと出会い、運命を狂わせていく。  会見の舞台となった吉本興業の屋外スペースは、本作のクライマックスシーンのロケ場所。奥山が、「撮影にはいろいろと制約があったのに、『全裸監督』で無茶苦茶やってた武監督が、すべて無視して、この場所で銃はぶっ放すは、血塗れにするは……」と当時の心境を明かす。  奥山と旧知の仲だという佐藤は、本作に出演したきっかけについて「(奥山は)クレイジーな映画ばかり作っている人。武監督とは、彼が助監督だった頃からの付き合い。この2人が作るなら“アナーキー”な映画になると思い参加した」と出演の経緯を語る。  加藤も「奥山さんとはデビュー作からのお付き合い。武監督とも何本かご一緒させていただいた縁」と語りながらも、「当初は(吹越満が演じた)刑事の役だと聞いていたのに撮影1週間前に突然“ストーカー”役に変わっていた」と裏側を明かし、「(刑事役として)佐藤浩市さんとやりあえると楽しみにしていたのに……」と悔しさをにじませた。  本作で初の脚本を手掛けた作家の中村は、「小説の執筆で忙しいのに奥山さんの口車に乗せられ、気付いたら脚本を書くことになっていた」と振り返る。  拳銃を拾ったことで運命を大きく変えていく主人公・東子を演じた日南は、「まさに、不条理の疾走。コロナ禍の今、抑圧された社会のなかでストレスを感じている人にこそ観てほしい。スカっとする映画です」とメッセージを送った。

リアルサウンド編集部

【関連記事】