Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「自分に失望している」ルクレール、ベッテルとの接触で謝罪。1周目の動きは“楽観的すぎた”と認める

配信

motorsport.com 日本版

 F1第2戦シュタイアーマルクGPは、メルセデスのルイス・ハミルトンが他を寄せ付けない走りで勝利を収めた。このレースはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が3位に続くなどトップチームが順当に速さを見せたレースだったが、フェラーリにとっては非常に厳しいモノだった。 【画像】接触後のルクレールのマシン。フロアに大きな損傷が。  1周目のターン3でシャルル・ルクレールは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルをイン側から追い抜こうとした際、ふたりは接触。ルクレールのマシンの左後輪がベッテルのマシンに乗り上げ、リヤウイングを破損させてしまった。  これによりベッテルのレースは1周目で終了。またルクレールもフロアにダメージを負ったことで、その後リタイアすることとなった。フェラーリはわずか4周でこのレースを失ってしまうことになったわけだ。なおフェラーリがチームメイト同士の接触で両者リタイアに終わるのは、昨年のブラジルGP以来のこととなる。   リタイア後、Sky Sportsのインタビューに応えたルクレールはこの接触の責任は自分にあると認め、既にベッテルに対し謝罪したと語った。 「こうした時に、言い訳はすべきではない。僕は自分自身に失望しているんだ」  ルクレールはそう語った。 「僕は今日、とてもダメな仕事をしてしまって、チームを失望させてしまった。これで十分ではないかもしれないが、ただただ謝ることしかできないんだ。今回のことから学んで、次のレースはより強くなって戻ってこられると良いなと思っている」 「“僕ら”にそれが必要なわけじゃない。チームには必要のないことだ。僕はチームの努力を全てゴミ箱へぶち込んでしまった。繰り返しになるし、コレで十分なわけでもないけど、本当に申し訳ない」  またターン3での動きは楽観的すぎたのかと尋ねられたルクレールは「イエスだ。楽観的すぎたよ」と答えた。  被害を受ける形となったベッテルだが、彼は狭いコーナーでポジションを争っているクルマが多くいたという事実もあり、ルクレールがそこでオーバーテイクを試みてくるのを目にするのは驚きだったと語っている。 「僕は他チームの2台のマシンと争っていて、既にターン3には3台のマシンがいた。そしてインに入ったら驚かされたよ。シャルルが何かトライしてくるなんて予想していなかったんだ」  ベッテルはそう語る。 「スペースがあったとは思えない。当然ながら残念なことで、これは僕らが避けるべきモノだった。だけど僕に何か他にできることは何もなかったよ」 「ヘアピンでとても狭く渋滞していたけど、僕は次のストレートに向けてマシンを向けて行こうとしていただけで、コンサバにやっていたんだ。それから(接触があり)僕はかなりダメージを負っていることに気がついたんだ」  今回のダブルリタイアはフェラーリにとっても痛手だ。彼らは開幕戦での苦戦を受け、前倒しでアップデートパーツを持ち込んでおり、そのデータ収集ができることを期待していたからだ。しかも、同じコースで行われる2連戦でアップデートの効果を比較できるという、絶好のチャンスだった。 「それに関しても残念だ」と、ベッテルは言う。 「明らかに同じトラックにやってくるのはボーナスみたいなものだ。そして今日はコンディションの面でもかなり似ていた……だけど(アップデートがどうだったかの)答えは得られないだろう」 「マシンは金曜日の時点で良くなっていると感じていた。そして先週間違った方に進んでいると感じたのと同じ場所に戻ってきた。アップデートの確認ができなかったことも残念だ。レースでマシンがどんな位置にいるのか、それを確認できたんだろうからね」 「でも残念なことに、僕らはその答えは得られないだろう」  なおベッテルとルクレールの接触について、スチュワードは審議の必要はないと結論づけている。

Luke Smith

【関連記事】