Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

六代目神田伯山監修の講談師マンガ、久世番子「ひらばのひと」モーツーで始動

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
コミックナタリー

久世番子の新連載「ひらばのひと」が、本日9月23日発売のモーニング・ツー10号(講談社)にてスタートした。 【写真】モーニング・ツー10号(メディアギャラリー他1件) 「パレス・メイヂ」「神は細部に宿るのよ」などで知られる久世が手がける同作は、講談師・六代目神田伯山が監修を務める講談師マンガ。講談師の泉花とその弟弟子・泉太郎が、師匠をはじめとする周囲の人々に支えられ、“芸の道”を進んでいく姿が描かれる。モーニング(講談社)に掲載された読み切りが好評を博し、連載化に至った。 そのほか今号では、藤本正二「終電ちゃん」、氷川へきる「俺たちの日常は始まったばかりだ」、速水螺旋人「大砲とスタンプ」、大川ぶくぶ「今夜はねこちゃん」が完結。また10月22日発売の次号11号より、鎌谷悠希「ヒラエスは旅路の果て」、坂木原レム「リスタート!」の新連載2本がスタートする。

【関連記事】