Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香川真司、前半のみで退くも地元メディアは好印象。戦術的理由で交代か

配信

フットボールチャンネル

【レアル・サラゴサ 1-3 アルコルコン スペイン2部第32節】  スペイン2部リーグ第32節のレアル・サラゴサ対アルコルコンが現地時間13日に行われた。試合は3-1でアウェイのアルコルコンが勝利した。サラゴサのMF香川真司は先発出場したが、前半のみで交代している。  高い位置に入った香川は、30分に決定機を演出するヒールパスを通すなど、一定の存在感を示した。それでも、後半開始時にピッチに姿はなく、アレックス・ブランコとの交代となっている。 【驚愕サッカー動画】ドルトムント時代の香川、今見てもやっぱり凄かった!!  0-0で後半に入ったサラゴサは、70分すぎに立て続けに失点。78分にGK退場のアクシデントに見舞われると、さらにゴールを奪われた。アディショナルタイムに1点を返したものの、1-3で敗れている。  『スポルト・アラゴン』は、香川のパフォーマンスに「5」の採点。これは、先発したメンバーの中で2位タイとなる好評価だ。「この数カ月の休みは彼に好影響だったようで、素晴らしい姿勢でピッチに戻ってきた」と記している。  『マルカ』は、香川が退いた理由を分析。「相手の攻撃の起点をつぶすためにアレックス・ブランコを投入したようだ」とし、「香川はその犠牲になった」と記している。 【得点者】 71分 0-1 ストイチコフ(アルコルコン) 74分 0-2 ストイチコフ(アルコルコン) 84分 0-3 サンダサ(アルコルコン) 90+3分 1-3 リナレス(サラゴサ)

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】