Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《多目的トイレで不倫》依存症専門家が指摘する「旺盛な性欲」と「セックス依存症」の分かれ目

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建(47)の不倫トラブル。6月13日放送の「王様のブランチ」(TBS系)では、共演者の佐藤栞里が生放送中に涙を流しながら渡部の出演自粛を報告。「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)では渡部のレギュラーコーナー「もったいないワタベ」は企画名を変更した。 【画像】相方・児嶋、嵐の相葉雅紀とロケ撮影をする渡部  6月14日放送の「サンデージャポン」(TBS系)ではテリー伊藤氏が「渡部は普通に考えるとセックス依存症ですよね」と発言。SNS上でも、渡部がセックス依存症ではないかと指摘する声は散見される。  そんななか、6月25日発売号の「週刊文春」で渡部本人が自らの不倫行為を謝罪。インタビューのなかで、渡部は不倫相手の女性は「デートクラブで安全に遊べる子たちというふうに認識していました」「妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった」と語っている。  渡部はセックス依存症なのか、そうだとすればそれは治るものなのか――。   アジア最大規模といわれる依存症専門外来「榎本クリニック」でアルコール依存症を中心に様々な依存問題に携わり、延べ2000人以上の性依存症者の治療に関わっており、現在人気漫画 『セックス依存症になりました。』(集英社) の監修をつとめる精神保健福祉部長の斉藤章佳氏(精神保健福祉士・社会福祉士)に話を聞いた。 ◆ ◆ ◆

“セックス依存症”は「強迫的性行動症」という疾患

  2010年にタイガー・ウッズが複数の女性とのセックススキャンダルで「セックス依存症」であると告白してから、セックス依存症という言葉は近年頻繁にメディアなどで耳にするようになりました。渡部さんの不倫トラブルでも情報番組のコメンテーターが「セックス依存症ではないか」と指摘していました。   しかし、実は「セックス依存症」という病名は存在しません。2017年に佐々木希さんがドラマ『雨が降ると君は優しい』(Hulu)で演じた女性はセックス依存症でしたが、作中での診断名は「性嗜好障害」でした。強迫的で衝動的な性的逸脱行動を繰り返しその状態に耽溺してしまう症状が疾患として認められたのもつい最近のことなんです。  2018年、WHOは疾病などを国際的に統一した基準である国際疾病分類を30年ぶりに改訂したのですが、いわゆる“セックス依存症”と呼ばれる状態を「強迫的性行動症(Compulsive sexual behavior disorder)」という疾患であると認定しました。

【関連記事】