Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

使うべきクラブはズバリどれ!? 100切りを目指すゴルファーにプロが教える「アプローチ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

グリーン周りまでボールを運んでも、ザックリ、トップを繰り返していてはスコアはまとまらない。グリーン周りから寄らないまでもひとまず乗せるアプローチのコツを覚えておこう!

グリーン周りの寄せは「パター」が第一候補

100切り達成のために重要なのは、グリーン周りでもたつかずに1打できっちりと乗せること。とくに20ヤード程度のアプローチはしっかり寄せたいところだが、なかなかうまくいかないアマチュアゴルファーは多いのではないだろうか。 まず短い距離のアプローチで重要なのはクラブ選択だ。距離が短いぶん、選択肢も8、9番アイアンなどのショートアイアン、アイアンセットに付属するピッチングウェッジや、52度~58度のウェッジ、パターと豊富にある。 アプローチ=ウェッジで打つもの、と考えているゴルファーも多いだろうが、グリーン周りのアプローチでは「まずパターで寄せられるかどうかを考えてみてください」というのは、プロゴルファー・中村修。

「グリーン周りから1打で乗せることを考えたとき、パターを使ったアプローチはもっともセーフティな選択と言えます。ダフリやトップなどのミスも出にくいですし、ボールを浮かさずランのみで寄せるので、キャリーが出過ぎてオーバーする危険もないですよ」 パターのアプローチではロングパットを打つときと同じように構え、距離に応じて振り幅を調節して打とう。距離感に関しては各々の感覚によるところが大きいためピッタリ寄せ切るのは難しいかもしれないが、パターであればその他のクラブより方向性が安定しやすくグリーンをオーバーするリスクも低いはずだ。 そもそも100切りを目指すうえでもっとも悪手なのはグリーンに乗せられず打数を重ねてしまうこと。ピッタリに寄せられたらそれにこしたことはないが、まずは乗せること。そして願わくば5メートル前後の2パット圏内にまで寄せられれば上出来と言えるだろう。 「クラブを選ぶ基準は、転がせる状況であればまずはパターが第一候補ですが、その次に8番や9番アイアン、ピッチングウェッジやアプローチウェッジ、サンドウェッジの順になります。砲台グリーンやバンカー越えなど、キャリーが必要な場合のみ、アプローチウェッジやサンドウェッジを選択しましょう」(中村、以下同) なぜウェッジよりもショートアイアンを優先して選ぶべきなのか。それは「スウィングの幅を小さくできるからです」と中村は続ける。 「スウィングの幅が小さいと、そのぶんミスの可能性が少なくなりますよね。大きく振ればダフリやトップの可能性が増えてしまいますから」

【関連記事】