Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「弔意表明協力」に札幌の弁護士団体も懸念

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HBCニュース

北海道放送(株)

 17日行われる中曽根元首相の合同葬儀に合わせ、内閣府が最高裁判所に弔意を表明するよう依頼したことについて、札幌の弁護士団体が懸念を表明しました。  内閣府が自民党との中曽根元首相の合同葬儀に合わせ、弔旗掲揚や黙とうを行い、弔意を表明するよう最高裁に依頼し、最高裁が各地の高等裁判所などに通知していたことがわかりました。  「裁判所の政治的中立性や公正を害する。国民の司法に対する信頼を揺るがすものである。裁判の公正性や信頼について不信感を与えてしまう」(自由法曹団北海道支部)  16日、自由法曹団北海道支部は、札幌高裁に対し下級裁判所に内閣府からの依頼を通知しないよう申し入れました。

北海道放送(株)