Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

九州 最大級の警戒を 8日(水)にかけて大雨続くおそれ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 福岡県、佐賀県、長崎県に「大雨特別警報」が発表されている。7日(火)明け方にかけて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に最大級の警戒が必要だ。また、西日本から東北にかけての広い範囲で、7日にかけて非常に激しい雨が降り、大雨となる所がありそうだ。

 梅雨前線は今後、8日(水)頃にかけて西日本から東北に停滞する見込み。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、前線活動の活発な状態が続く予想だ。

命を守る行動を

 福岡県、佐賀県、長崎県では、雷を伴った猛烈な雨が降り、大雨特別警報が発表されている地域がある。これまでに経験したことないような大雨となっているところがあり、何らかの災害が既に発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する。命を守るために最善を尽くさなければならない状況のため、最大級の警戒が必要だ。  なお、今後の状況によっては、福岡県、佐賀県、長崎県の大雨特別警報が発表されていない市町村、周辺にあたる熊本県や大分県でも最大級の警戒が必要となる可能性がある。

九州北部 大雨続く

 3日(金)からの大雨により、西・東日本では地盤の緩んでいる所や増水している河川があり、土砂災害や浸水害、洪水の危険度が非常に高まっている所がある。西日本から東北の広い範囲で、7日にかけて局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。  特に、九州北部では対流雲が組織化して線状降水帯が形成され、局地的に猛烈な雨の降るおそれもある。地盤の緩んでいる所や増水している河川では、厳重な警戒が必要だ。梅雨前線は8日頃にかけて本州付近に停滞するため、九州北部を中心に大雨が続くおそれがある。  7日夕方までに予想される雨量(多い所)   九州北部        300ミリ   東海          250ミリ   九州南部、中国     200ミリ   近畿、北陸、関東甲信  180ミリ   四国          150ミリ   東北          100ミリ  8日夕方までの48時間に予想される雨量(多い所)   東海         350~400ミリ   九州北部       300~400ミリ   九州南部、関東甲信  250~300ミリ   四国、中国、近畿   200~300ミリ   北陸         150~250ミリ   東北         100~150ミリ    福岡県、佐賀県、長崎県では、命を守るために最善を尽くさなければならない状況のため、最大級の警戒が必要だ。また、西日本から東北の広い範囲で、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要となる。竜巻などの激しい突風や落雷に注意が必要で、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めるよう心がけたい。

【関連記事】