Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【「お迎えグルマ」に異変?】トヨタ・センチュリーとロールス・ロイス 共通点と相違点

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

そもそもショーファーカーとは何か?

text:Kenji Momota(桃田健史) 日本のトヨタ・センチュリーと、英国のロールス・ロイス。 【写真】「狂気」に溜め息? ロールス・ロイスの「手仕事」【ディテール】 (50枚) どちらも、ショーファーカーの代名詞である。 ショーファーカーとは、なにか? 一般的には、専属の運転手付きのクルマ。いわゆる「お迎えグルマ」というイメージだ。 運転することではなく、後席空間でゆったり過ごすことを優先する。 ただ、大型の高級セダンなら、どれもがショーファーカーと呼べるわけではない。そこには、ショーファーカーたる気品や伝統を兼ね備えていなければならない。 なかでも、ロイヤルファミリーとの繋がりが重要となる。 日本では、天皇陛下や皇族がお乗りになるクルマは御料車(ごりょうしゃ)と呼ばれる。 宮内庁によると、複数台の新旧センチュリーで対応しており、天皇皇后両陛下が国会開会式など公式なお出ましの際には、ナンバープレートに「皇」がある車両、その他の移動の際には、「品川」ナンバーの車両をお使いになる。 英国王室では、長年に渡り公式な行事ではロールス・ロイス・ファントムなどが使用された。その影響から欧州の複数の国では、王室対応でこれまで様々なロールス・ロイスが採用されてきた。 ロイヤルファミリー御用達という名誉が、最上級のショーファーカー作りの基盤となってきた。 だが、近年になりショーファーカーの在り方が徐々に変わってきた印象がある……。

近年ロールス・ロイスが変わってきた

ロールス・ロイスは、ショーファーカーというブランドイメージを積極的に変え、事業は成功している。 ロールス・ロイス・モーターカーズ本社によると、2019年の世界約50カ国での販売台数は前年比25%増の5152台となり、ロールス・ロイスの過去116年間に及ぶ歴史のなかで最多だった。 販売急増の最大の要因は、2018年発表のロールス・ロイス初SUV「カリナン」だ。 全長5340mm×全幅2000mm×全高1835mm、ホイールベース3295mm。最大出力571psのV型12気筒6748ccを搭載。 日本での販売価格は3920万円と、トヨタ・センチュリー(1960万円)の2倍という高値である。 その他、ファントム、レイス、ドーン、ゴーストも着実に販売を伸ばしたが、カリナンに代表されるように、自ら運転することが楽しいロールス・ロイスという商品戦略が目立つようになった。 ロールス・ロイスがBMW傘下となり、フォルクスワーゲン・グループ傘下のベントレーを意識した新たなるブランド戦略が必須となったことが起因し、ロールス・ロイスは進化した。 ファントムとゴーストは、ショーファーカーの代名詞であることは変わりないが、旧態依然としたロールス・ロイスではないことが、現時点でのラインナップと、市場からの需要によって証明されたといえる。 一方、トヨタの単独モデルであるセンチュリーはどう進化したのか?

【関連記事】