Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

F1シュタイアーマルクFP1:ついに覚醒? レーシングポイントのセルジオ・ペレスがトップタイム。フェルスタッペン2番手で続く

配信

motorsport.com 日本版

 F1第2戦シュタイアーマルクGPのフリー走行1回目がレッドブルリンクで行なわれた。トップタイムを記録したのはレーシングポイントのセルジオ・ペレスだった。 【リザルト】F1第2戦シュタイアーマルクGP フリー走行1回目  この日は気温25℃、路面温度42℃というコンディション。週末は荒天の予報がされているが、現段階では好天が保たれた。  90分間のセッションが開始されるとルノーのエステバン・オコンを筆頭に各車コースイン。開幕戦で無念のリタイアを強いられたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)やキミ・ライコネン(アルファロメオ)らは空力計測用の装置を付けてコースインし、インスタレーションラップをこなしていった。  最初にタイムを記録したのはカルロス・サインツJr.(マクラーレン)。連続で走行を続けて1分6秒817をマークした。  開始から15分が経つと、遅れて開幕戦優勝のバルテリ・ボッタス(メルセデス)もコースイン。ただチームメイトのルイス・ハミルトンはまだガレージに留まった。  コース上ではアレクサンダー・アルボン(レッドブル)が徐々にタイムを短縮。1分6秒330でトップタイムとした。  25分が経過すると、ハミルトンが重役出勤でコースに姿を表し悠々と走行を開始した。  その後30分経過を目前としたタイミングで、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)にトラブル発生。ターン5にマシンを停めると、回収のためバーチャルセーフティカーが発動された。ウイリアムズは開幕戦でもラッセルにエンジントラブルが発生していることもあり不安が残ると言えそうだ。  セッション開始からちょうど30分。ラティフィのマシン回収に手間取っているためか、レッドフラッグが掲示されセッションは一時中断された。  マシン回収を終えるとセッションは残り55分から再開。再びオコンが先頭でコースに向かっていった。  コース上のマシンはミディアムタイヤとハードタイヤでのランが中心。その中でフェルスタッペンは1分5秒856を記録してトップタイムを更新した。またフェラーリのシャルル・ルクレールもフロントウイングのセッティングを変えつつ走行を続けていた。  残り40分を切るとメルセデス勢がペースアップ。共にミディアムタイヤでボッタスが1分5秒381、ハミルトンが1分5秒208を刻み、ワンツー体制を築いた。  その後、ペレスがソフトタイヤでアタックを実施。1分4秒867を記録しトップに躍り出た。チームメイトのランス・ストロールも4番手タイムを記録するなどレーシングポイントが上位に食い込んできた。  残り時間30分を切るとフェルスタッペンもソフトタイヤでの走行を開始。1分4秒963をマークして2番手につけた。  またコース上ではピエール・ガスリー(アルファタウリ)が8番手タイムを記録していたが、残り20分ごろに縁石を踏んだ際マシンからパーツが剥離するアクシデントもあった。  セッション終盤はタイムシートに目立った動きが生じることはなく、各チームは淡々と走行を重ねていった。特にレーシングポイントの2台はソフトタイヤでのロングランに重点的に取り組んでいる姿が見られた。  なお最終盤の残り3分頃にはダニール・クビアト(アルファタウリ)がターン3でスピンを喫する場面もあったが問題なくコースに復帰している。  そしてセッション時間がゼロに。ペレスがトップタイム、そこにフェルスタッペンとボッタスが続く形でFP1が終了した。  レッドブルのアルボンは6番手、アルファタウリはガスリーが8番手、クビアトが11番手につけた。そしてフェラーリ勢は開幕戦に引き続き苦戦気味。セバスチャン・ベッテルが10番手、ルクレールが12番手に留まった。

【関連記事】