Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島が今季初の4連勝逃す 5点差追い付く粘りも、5番手薮田が誤算

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「ヤクルト9-5広島」(6日、神宮球場)  広島が今季初の4連勝を逃した。  ややこしい幕切れになった。九回1死一塁から、長野の一、二塁間への一打を二塁手・宮本が捕球。二塁塁審はダイレクトでキャッチしたと判断。一塁に転送され、一塁ベース付近にいた走者の堂林にもアウトが宣告された。  微妙なプレーだったため、審判団はいったん協議。あらためてマイクで併殺の完成と試合終了をコールした。  これに対して佐々岡監督がリプレー検証を要求。結果が覆り堂林はセーフの判定となった。今度は高津監督が抗議するシーンもあった。そしてプレーは再開。堂林は盗塁、暴投で三塁に進んだが、最後は鈴木誠が中飛に倒れ、この日2度目の試合終了のコールがなされた。  同点に追い付いた直後の七回だった。五番手で登板した薮田が無死から井野に不運な三塁打を浴びると、続く広岡の犠飛であっさり勝ち越しを許した。さらに2死二塁から坂口、塩見の連続適時二塁打で計3失点。試合は決まった。  先発は今季白星のないK・ジョンソン。今季最短の3回7安打5失点で降板した。  初回、先頭の坂口に安打を許し、犠打で1死二塁。3番・青木に中前適時打を浴びてわずか5球で先制点を献上した。二回に1点。三回は1死満塁のピンチから、西田の2点左前打と堂林の適時失策で3点を失いKOとなった。  5点のビハインドを背負った打線は粘りを見せた。ヤクルト先発の高橋から四回、松山が直球を力でバックスクリーンリーンへ突き刺す2号ソロ。さらに菊池涼が右翼席へ4号2ランをたたき込んで2点差とした。  さらに五回は“夏男”長野の4試合連続打点、5試合連続複数安打となる右中間への2号ソロで1点差。そして七回、3番手マクガフから2死二塁の好機をつかみ鈴木誠が左前適時打。コツコツ得点を積み重ねて、5点差を振り出しに戻していた。  75年前の8月6日は広島にとって原爆投下された特別な日。17年から2連勝中(18年は試合無し)だったが、この日は勝利を届けることはできなかった。

【関連記事】