Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『エール』名曲「福島行進曲」の背景にあった鉄男の切ない恋 「福をここから」の粋な演出も

配信

リアルサウンド

 希穂子(入山法子)に見限られたと泥酔する鉄男(中村蒼)の姿で幕を閉じた『エール』(NHK総合)第43話。第44話では、裕一(窪田正孝)がついに初めてのレコードを完成させる。 【写真】希穂子役として存在感を放つ入山法子  「椿姫」のヴィオレッタ役に向け、恋愛の機微を勉強するためカフェー・パピヨンに入店した音(二階堂ふみ)も、いよいよ出勤最終日。トラブルが後を絶たなかったが、男を喜ばせる天性の素質で指名もひっきりなし。カフェーのママ(黒沢あすか)からも「鍛えれば一流に」とお墨付きをもらうほどだ。  開店前のパピヨンに響く激しい口論。「お話することはありません」と希穂子に突き返された鉄男が諦めきれずに再び店にやってきたのだ。「彼女といっとねじくれた気持ちがすっと消えて素直になれる」と裕一に話していた鉄男の思いは、希穂子と一緒になって福島に連れて帰りたい。しかし、希穂子は鉄男の縁談が進んでいることを知り、ゆくゆくは新聞社の社長になる彼の未来を思って、“ただの知り合い”と自分の気持ちを押し殺すことにした。  「福島を離れたのはあなたが重荷になったからです。勘違いされて困ってたの。お帰りください」と希穂子の態度は変わらない。雨の中、とぼとぼとパピヨンを去る鉄男。一点を見つめ、物思いに耽る希穂子の姿に、“強欲上等”な自分とは違った幸せの形、恋愛の機微を音は目の当たりにする。  すっかり失恋モードの鉄男を囲み、裕一と久志(山崎育三郎)の“福島三羽ガラス”で、初めての飲み会を開催。学生時代の思い出話に華が咲く。そこで鉄男が2人に見せるのが、福島を思い描いた恋の歌「福島行進曲」の歌詞。「大将、一緒に曲作んないか? 君もそろそろ夢に向かって進む時期だ」と誘ってくれた裕一の情熱に、鉄男はしっかりと応えたのだ。歌詞に深く共感し、「こういうのをずっと待ってた!」と喜ぶ裕一は、「もう一度ちゃんと福島と向かい合いたい」と五線譜に福島への思いを乗せていく。  こうして出来上がった「福島行進曲」は、あの廿日市(古田新太)をも認めさせ、東北の地方小唄として初めてのレコード化。残念ながら、久志が歌うことは叶わなかったが、上京して2年、ついに裕一はプロの作曲家デビューを果たした。  オンエアで歌われていた「恋し福ビル引き眉毛」の福ビルとは、昭和2年に完成し当時の福島市のシンボルだった建物(現在は「AXC」として、飲食店が軒を連ねる)、さらに歌詞には福島駅前通りにあった柳並木も登場する。完成した赤色レーベルの円盤レコードを見て微笑む、裕一と音。番組の最後に紹介されるコーナー「福をここから」が、福島市の名物・円盤餃子の写真だったのも、2人を祝福する粋な演出だった。

渡辺彰浩

【関連記事】